チコちゃん

チコちゃんに叱られる!世界で2番目に高い山は? 4月26日

こんにちは!

4月26日放送のチコちゃんに叱られる!働き方改革のコーナーで
世界で2番目に高い山は?という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

チコちゃんに叱られる!世界で2番目に高い山は?

世界で2番目に高い山は?

答えは、K2(標高8,611m)

 

教えてくださるのは
山岳誌 編集長
萩原浩司さん(はぎわら ひろし)

  • 1位は誰でも知っている、なのに2位にはとんと無頓着!
  • あなたは何もしらぬまま、明日から生きていくおつもりですか?
  • 世界1髙い山はエベレスト(標高8,848m)。
  • 中国、インド、パキスタンをまたいだカラコルム山脈に
    あるそうです。
  • エベレストの差はたった200mだそうです。
  • 人里から離れた奥地にあるため存在すら知られて
    いなかったので名前さえなかったそうです。
  • そのため山を測定したときの番号K2が山の名前に
    なったそうです。。
  • K2はどんな山なのか?
  • エベレストよりも登ることが難しい、それがK2だそうです。
  • 生きて帰ることが難しい、世界一過酷な山だそうです。
  • K2はそんなことから「非常の山」「キラーマウンテン」と
    呼ばれているそうです。
  • エベレストの登頂者は4,833人、死亡者は276人
    (2017年時点)だそうです。
  • K2の登頂者は446人、死亡者はわかっているだけでも85人
    (2019年時点)だそうです。
  • 登頂者に対する死亡者を比べてみると?
  • エベレスは、約17人に1人だそうです。
  • K2は、約5人に1人だそうです。
  • エベレストの3倍の方が亡くなっているそうです。
  • K2は高度な登山技術を持っている登山家でないと
    生きて帰れない山だそうです。
  • 非常の山K2の雄姿がこれです。
  •  

    View this post on Instagram

     

    Mighty K2! #k2 #pakistan

    Travel Pakistanさん(@trip.pk)がシェアした投稿 –

  • 切り立つ山肌が登頂の過酷さを物語っていますね。
  • K2の過酷さ その➀:見ることだけで命懸け
  • 理由は、K2の有る場所だそうです。
  • K2があるのは奥地の奥地、最も近い村から80km先に
    あるそうです。
  • 整備された道はなく、移動手段は徒歩のみだそうです。
  • 濁流や氷河を越えて、なんと一週間もかけてようやく
    K2の見える山の麓にたどり着けるそうです。
  • 途中で逃げ帰るような方はK2に取り付く資格はない
    そうです。。
  • K2の過酷さ その②:頂上を目指すのも命懸け
  • 現在K2の登頂ルートは6つだそうです。
  • 右端のルートが一番簡単
  • 平坦な場所はどこにもなく、垂直な岩肌をひたすら
    ロッククライミングで登っていくそうです。
  • さらに他の山と違って天気も変わりやすいそうです。
    (悪天候で身動きが取れずに衰弱死してしまう
    ケースもあるそうです。)
  • 様々な苦難を乗り越えたどり着いた先に待っているのは
    K2の頂上から見た景色で世界で446人しか見たことの
    ない景色だそうです。
  • K2の過酷さその3:山を下りるのも命がけ
  • 転校悪化のため視界が悪く下山中に滑落する登山家が
    多いそうです。
  • 2012年のデータによると登頂者306人中、下山中に
    亡くなった人は31人だそうです。
    (頂上に到達しても10人に1人は麓にたどり着くこと
    なく命を落としている)
  • 日本にもK2登山で九死に一生を得た人がいるそうです。
  • 日本人の女性で初めてK2登頂に成功した小松由佳さん
    をスタッフが訪ねたそうです。
  • 小松由佳さんは2006年23歳の時、大学の後輩の
    青木達哉さん(当時21才)とK2の登頂に挑戦したそうです。
  • K2の麓を出発して2日後、7900m付近まで到着したそうです。
  • 山頂まで残り700mを14時間かけて、やっと頂上にたどり
    着いたそうです。
  • 小松由佳さんは日本人女性初、青木達哉さんは
    史上最年少登頂者の偉業を成し遂げたそうです。
  • 小松由佳さんは下山中に吸っていた酸素ボンベの酸素が
    全部なくなってしまったそうです。
  • 頂上へ到着したのは予定していた時間より2時間遅い夕方5時に
    到着したそうです。
  • 明るいうちの下山しなければいけないのに、下山開始から
    2時間後に日没になって真っ暗になってしまったそうです。
  • さらに下山の途中で予定時間を過ぎてしまったため酸素
    ボンベの酸素がなくなってしまったそうです。
  • 小松由佳さんは立ったまま寝たり起きたりを繰り返し肉体的
    にも精神的にも限界に近かったそうです。
  • その時にビバークという登山中予期せぬトラブルで野宿をする
    ことを決めたそうです。
  • 標高8200mでの野宿、時刻は深夜2時気温は氷点下25℃で
    彼女たちがビバークした場所は登山家の間でデスゾーン
    (8000m以上の高い位置)と呼ばれ、酸素ボンベなしでは
    長時間滞在するのはとても危険だと言われている場所だそうです。
  • とにかく酸素が薄いので『生きてるか?』と確認し合って
    朝まで過ごしたそうです。
  • 野宿を始めて3時間後に小松由佳さんたちは二人の目に飛び込んで
    きたのはK2を照らす朝日だったそうです。
  • 悪天候が多いK2でこの日は風もなく快晴だったそうです。
  • ボンベの中の酸素が無くなってから2日後に小松由佳さんは下山
    できたそうです。
  • 小松由佳さんたちは、まさに九死に一生を得たそうです。
  • 吹きさらしの状態の中で2人で座って夜を明かしたわけですから
    もしあの時、風が強かったり雪が降ったりして天候があれていたら
    今でもあのあ場所に座ったまま死んでいたと思ったそうです。
  • 「本当に幸運だった。その一言に尽きますね。」と小松由佳さんは
    言っていました。
  • 世界で2番目に高い山は、世界一過酷なキラーマウンテンだったんですね。
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!世界で2番目に高い山は? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!世界で2番目に高い山は?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク