チコちゃん

チコちゃんに叱られる!石油ってなに? 2月28日

2月28日放送のチコちゃんに叱られる!で
石油ってなに?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

チコちゃんに叱られる!石油ってなに?

石油ってなに?

答えは、生き物の死がい

詳しく教えてくださるのは
新しい油田を探し求めて世界を飛び回ること40年
秋田大学 大学院 国際資源学研究科 教授
荒戸 裕之 先生(あらと ひろゆき)

  • 石油は紀元前から使われていたという記録があって…
  • 私たちの生活に古くから根づいていたといわれているそうです。
  • 石油は紀元前3000年ごろから 燃やして照明にしたり 土器の接着剤に使われたりミイラの保護剤としても使われていました。
  • 現代でも洗濯や掃除に使う洗剤 化学繊維を使った服 タイヤなどのゴム製品 ペットボトルなどのプラスチック製品など様々なものに使われている石油。
  • 石油はいったいどこで生まれるのでしょうか?
  • 実は石油が生まれたのは かつて海や湖の底だった場所なんです。
  • 例えば 海の中にはプランクトンと言われる生き物が漂っています。
  • このプランクトンが死んで海底に沈むと そこに住むバクテリアなどによって分解されてしまいます。
  • しかし バクテリアが住みにくい環境や分解が間に合わないと 死がいは そのまま残り 砂や泥が重なってプランクトンの死がいをたくさん含んだ地層ができます。
  • そして 長い年月をかけて地下からの熱を受けると ケロジェンという物質に変化。
  • その後 さらに長~い年月をかけて熱を受けると熟成が進みケロジェンから石油ができると考えられています。
  • ちなみに さらに熱が加わって熟成が進むと天然ガスができます。
  • つまり 生き物の死がいに数百万年から数億年かけて熱が入ることで石油へと生まれ変わっているのです。
  • また 同じように地上の草木がくちはてて たまった地層からも石油ができます。
  • 石油は サウジアラビアとかUAE(アラブ首長国連邦)とか中東のあたりでよく見つかるんですけれども…
  • その理由は 大昔の中東の辺りに すごく大きくて浅い海があったからだそうです。
  • 現在の中東の辺りには およそ2億年前テチス海という大きく浅い海があったと言われているそうです
  • そこは 温暖な気候でプランクトンが育ちやすいものの 陸地に囲まれ海流が循環しにくいことで 死がいがたまりやすく 石油ができやすい場所でした。
  • その後 大陸動いて陸地となり 大量の石油が掘られたのです。
  • 昔よく 石油はもうあと何十年かでなくなってしまうといわれたりしましたけども…
  • 石油を獲る技術も随分と発達しましたので 今でも新しく見つかってるんです。
  • 最新の石油を探す技術では 人工衛星のセンサーや地震計という音波を使う機械で 地下のどこに石油がありそうか調べることができます。
  • さらに 掘る技術も発達したことで 昔は石油が採れなかったシェール層という固い岩石の層からも掘れるようになりました。
  • そのおかげで 2000年代になって世界各地のシェール層から多くの石油が採れるようになり アメリカが中東の国々を抜いて 石油生産量 世界一になりました。
  • あまり知られていなんですけれども 実は日本にも油田はあるんです。
  • 例えば北海道、および新潟、あと秋田です。
  • 大昔の日本はユーラシア大陸とつながっていました。
  • そして 当時の日本海は陸地に囲まれていたため 先ほどのテチス海と同じく プランクトンの死がいが溜まりやすい状況にあり 日本海側に石油が生まれやすかったのです。
  • 秋田県には日本一の油田があるそうです。
  • それは八橋油田(やばせゆでん)というそうです。
  • 秋田大学の近くにあるということで八橋油田を管理している国際石油開発帝石株式会社に行ってみました。
  • そして、油田に連れて行ってもらいました。
  • 油田は危険な場所なので 事前に安全のための講習を受け 火災の原因になる静電気を起こさない服など装備を整えます。

ここから詳しく教えてくださるのは
国際石油開発帝石株式会社
秋田鉱場 マネージャー:小林 豊 さん
秋田鉱場 場長    :山田 誠 さん

  • 油田といえばパイプやタンクが立ち並び 砂漠にそびえ立つ鉄塔の先で炎が燃え続ける様子を思い浮かべますが…
  • なぜか 来たのは住宅街に囲まれた駐車場のような空き地?
  • そこには石油を掘るポンピングユニットといわれる まるでクレーンのようなこじんまりとした機械。
  • ポンピングユニットで汲み上げられた石油は 地中へと続くパイプを通って およそ1km先にある処理プラントへと送られていきます。
  • そして 石油に混ざった水などの不純物を取り除き 重油 軽油 灯油 ガソリンなど目的に合わせた素材に精製して企業などへと売られていくそうです。
  • 番組D「僕も石油を掘り当てたら石油王になれますかね?」
  • 山田さん「はい 可能性としては全く0とは言いませんけども かなりのお金がかかるんで 借金王になるかもしれませんよ。」
  • ちなみに 石油の井戸を1本掘るのに数十億円から100億円程度。
  • そして 油田になると数十本掘るので数千億円。
  • さらに なんだかんだで数兆円かかることもあるそうです。
  • 山田さん「でも 夢はあると思います その夢にどれだけかけられるかということかもしれませんね(笑)」
  • 荒戸先生によると 最新技術で油田を見つける技術というのはたいへん進んでいるんですけども 油田として採算が取れる場所を見つけるのは 井戸をだいたい100本掘って その中の2~3本くらいの確立だそうです。
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!石油ってなに? まとめ

今回は、チコちゃんに叱られる!石油ってなに?
について情報発信させていただきました。

スポンサードリンク