チコちゃん

チコちゃんに叱られる!平熱が36℃くらいなのはなぜ? 1月14日

チコちゃんアイキャッチ画像3

1月14日放送のチコちゃんに叱られる!で
平熱が36℃くらいなのはなぜ?
という質問がありました。

チコちゃんに叱られる!平熱が36℃くらいなのはなぜ?

平熱が36℃くらいなのはなぜ?

答えは、それが一番省エネで動けるから

詳しく教えてくださるのは
体温について研究している
名古屋大学 大学院医学系研究科 教授
中村 和弘 先生(なかむら かずひろ)
中村和弘

  • まだ明確は答えは見つかっていないとしつつも、謎を解く手がかりは分かっていると中村先生
  • まず動物には周りの温度によって体温が変化する変温動物と、一定の体温を保つ恒温動物がいますが
  • 爬虫類などの変温動物は日光を浴びて体温を上げたり、水に浸かって体温を下げたりする一方で、我々人間や猫などの哺乳類や鳥類は自ら体温を一定に保つことが可能
  • そして、私たち哺乳類は爬虫類からの進化の過程で体温を一定に保つ機能を獲得したと考えられ、その進化が起こったのは約2億年前
  • その際に最も重要な進化ポイントが「肺機能のアップ」だったと中村先生
  • 哺乳類の肺は肺胞と呼ばれる酸素を取り込む器官が出来た事で、毛細血管が増え、酸素を取り込む表面積も大きくなり、取り込める酸素量が大幅に増加
  • すると当然ながら体内の酸素量が増えるので体が作り出すエネルギー量も増加
  • 爬虫類と比べるとそのエネルギー量の差は約10倍も多いそうで、この圧倒的なエネルギー量をもって周りの環境に頼らずして体温を一定に保つことが出来るようになったわけですね
  • こうする事で気温の変化に強くなった哺乳類は様々な環境で生き抜く事が可能になり、また、活発に動けるようになった事で生存競争でも有利に
  • 当然ながらエネルギーは酸素のみで生み出しているわけでは無く、食べ物を摂るのも重要な要素のひとつなわけで、そうなると無尽蔵のエネルギーを生み出すためにはそれ相当に食べ続けなければいけなくなり、飢えた途端にすぐに活動できなくなると困りますよね
  • そこで食べ物の摂取量や生み出すエネルギーのバランスを考えた時に、平熱36度から37度ぐらいに落ち着いたのではないか?と中村先生
  • つまり出来るだけ多くのエネルギーを生み出しつつも、最も省エネで動ける体温が36度から37度だったというわけですね
  • また、ウイルスなどに感染した時に体温が上がって発熱するのは、ウイルスが37度あたりで増殖しやすい事に対する体の防御反応で、この温度を外してウイルスの増殖を抑える為だったり、多くの免疫細胞が37度から40度で活発化する為だったり
  • その一方で発熱時のだるさは大量のエネルギーを作る事で起こる体の疲れ
  • この平熱は人種や筋肉量などによって違い、いわゆる欧米人は筋肉量が多い事もあって体温が高い(37度以上)という傾向
  • 日本人でもジムなどでバリバリ鍛えているマッチョな人たちはみな一様に37度を超える辺りが平熱

チコちゃんに叱られる!平熱が36℃くらいなのはなぜ? まとめ

今回は チコちゃんに叱られる!平熱が36℃くらいなのはなぜ?
について情報発信させていただきました。