チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜビールはたくさん飲めるの? 12月7日

こんにちは!

12月7日放送のチコちゃんに叱られる!で
なぜビールはたくさん飲めるの?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

 

チコちゃんに叱られる!なぜビールはたくさん飲めるの?

なぜビールはたくさん飲めるの?

答えは、ビールの中にある特定成分が、消化管平滑筋に存在する「ムスカリンM3受容体」を直接刺激することで消化管運動を促進するため
簡単にまとめると…ビールの中にある成分が胃の中のものを先に送り空っぽにしてくれるため

 

詳しく教えてくださるのは
東海大学 医学部付属病院 教授
松嶋 成志 先生(まつしま まさし)

 

  • ビールに含まれる成分が胃の中のものをどんどん先へ送り出すそうです。
  • そして、胃を空っぽにしようとするからだそうです。
  • ビールの中にある特定成分とは麦芽を発酵させるときに生成されるホルダチンA、アペリジンなどの成分だそうです。
  • 平たく言えば、この2つの物質が胃の活動を活発にして中のものを送り出すということだそうです。
  • 他のお酒よりも消化器官の運動が活発になるのでビールはたくさん飲めるそうです。
  • では、なぜビールはたくさんのめるのか?という疑問は長年の謎だったそうです。
  • これを解明したのは日本の研究グループだそうです。
  • 2003(平成15)年に日本の大手酒造メーカー:サントリーと大学の共同研究により解明したそうです。
  • それは、ビールの中に含まれる消化管運動促進物質の構造決定と合成に成功したそうです。
  • ビールには、さらに胃を広げたりする効果もあるそうです。
  • ビールの成分はリンゴ酸、コハク酸などだそうです。
  • これによって胃酸の分泌を活発にさせたり、胃を広げたりする作用があるそうです。
  • だから、ビールは水よりもたくさん飲めるそうです。
  • ビールには体から水分を出しやすくする効果も…
  • ビールの成分はカリウムなどだそうです
  • そしてカリウムには利尿作用があり、水分を体外に出しやすいそうです。
  • ビールを飲むと胃から腸へとどんどん送られて、胃を空っぽにしようとして体外に出ていくそうです。
  • ビールがたくさん飲める要因は、紹介した内容の他に複合的にさまざまな要素があるとのことです。

 

スポンサードリンク

 

チコちゃんに叱られる!なぜビールはたくさん飲めるの? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!なぜビールはたくさん飲めるの?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク