マイナンバーカード

マイナンバーカード申請方法!窓口行かずにスマホやPCでも申請OK

マイナンバー通知カードは総務省から2015(平成27)年10月から各家庭に簡易書留で郵送されて5年が過ぎ 2020年5月25日に廃止されることが決定しています。

そのため、マイナンバーカードに切り替えるため 現在 多くの方々が居住している地域の役所の窓口に押し寄せています。

現在コロナウィルスの蔓延により三密が叫ばれていますが マイナンバーの窓口は 正に密な状態になっており感染拡大が懸念されています。

そこで今回は マイナンバーの申請を役所の窓口に行かなくても自宅などネット環境の整っている場所であればスマホやパソコンを使って申請ができる方法をご紹介します。

自宅であれば感染の危険もありませんし 窓口でイライラしながら待つこともないので安心できますね。

マイナンバーカード申請方法!窓口行かずにスマホやPCでも申請可能

マイナンバーカードはマイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付のカードです。

マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きカードで券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。
本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請等、様々なサービスにもご利用いただけます。

  • 券面イメージ
  • 表面
  • 裏面

引用元:https://www.kojinbango-card.go.jp/kojinbango/

マイナンバーカード1枚でできること

個人番号を証明する書類として

マイナンバー(個人番号)の提示が必要な様々な場面で マイナンバー(個人番号)を証明する書類として利用できる。

各種行政手続きのオンライン申請

マイナポータルへのログインをはじめ 各種の行政手続きのオンライン申請に利用できまる。

本人確認の際の公的な身分証明書

マイナンバーの提示と本人確認が同時に必要な場面では これ1枚で済む唯一のカード。
金融機関における口座開設・パスポートの新規発給など 様々な場面で活用できる。

各種民間のオンライン取引に

オンラインバンキングをはじめ 各種の民間のオンライン取引に利用できる。

様々なサービスを搭載した多目的カード(※)

市区町村や国等が提供する様々なサービス毎に必要だった複数のカードがマイナンバーカードと一体化できる。

コンビニなどで各種証明書を取得(※)

コンビニなどで住民票 印鑑登録証明書などの公的な証明書を取得できる。

サービス内容は市区町村によって異なるので 詳しくは 居住地域の役所に問い合わせ。

電子証明書

電子証明書は2種類

署名用の電子証明書
  • インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用する。
    • 電子申請(e-Tax等)
    • 民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録など
  • 「作成・送信した電子文書が あなたが作成した真正なものであり あなたが送信したものであること」を証明できる。
利用者証明用の電子証明書
  • インターネットサイトやキオスク端末等にログイン等をする際に利用する。
    • 行政のサイト(マイナポータル等)へのログイン
    • 民間のサイト(オンラインバンキング等)へのログイン
    • コンビニエンスストアでの交付サービス利用など
  • 「ログイン等した人が あなたであること」を証明することができる。

マイナンバーカード申請方法!

スマホでのマイナンバーカード申請方法

スマホで顔写真を撮影して 所定のフォームからオンラインで申請します。

メールアドレス登録

スマホのカメラでマイナンバー通知カードの下方左側のQRコード(上の図を参照)を読み取り 申請用WEBサイトにアクセスしてメールアドレスを登録します。

入力項目は
  • マイナンバー通知カードに書かれている申請書ID(半角数字23桁)
  • メール連絡用氏名(申請者の名前)
  • メールアドレス(申請者のメールアドレス)

※ QRコードを読み込むと 申請書IDが自動入力されて便利です。

顔写真登録

登録されたメールアドレス宛に通知される申請者専用WEBサイトにアクセスして スマホのカメラで撮影した顔写真を登録します。
※ あらかじめ撮影しなくても操作中に撮影もできます。

入力項目は
  • 顔写真登録
  • 顔写真登録確認

申請情報登録

  • 生年月日(※必須)
  • 電子証明書の発行希望有無
  • 氏名の点字表記希望有無

申請完了

  • 画面の案内にしたがい 必要事項を入力して送信する
  • 登録したメールアドレス宛に申請完了のメールが届く
  • これで申請完了

パソコンでのマイナンバーカード申請方法

メールアドレス登録

申請用WEBサイト

利用規約の確認

  • 「利用規約の確認」を一通り読む
  • 「私は15歳以上です。または、私は15歳未満または成年被後見人の法定代理人です」の左□にチェック(ㇾ)を入れる
  • 「「個人番号カードオンライン申請」利用規約、および「個人情報の取扱いについて」を承諾のうえ、申請します」の左□にチェック(ㇾ)を入れる
  • 最後に「確認」をクリック

※15歳未満の場合は 自分で申請できないので 必ず保護者など法定代理人が代理申請します。

メールアドレス情報入力

  • マイナンバー通知カードに書かれている申請書ID(半角数字23桁)を入力
  • 確認のため もう一度 マイナンバー通知カードに書かれている申請書IDを入力
  • メール連絡用氏名(申請者の名前)を入力
  • メールアドレス(申請者のメールアドレス)を入力
  • 確認のため もう一度 メールアドレスを入力
  • 画像認証:左側に表示されている英数字を右側の□に入力
  • 画像認証を変更したい場合は 右側にある「更新」をクリックすると画像認証の英数字が変更される
  • 最後に「確認」をクリック

顔写真登録

  • 登録されたメールアドレス宛に通知される申請者専用WEBサイトにアクセスする。
  • デジタルカメラで撮影した顔写真を登録
  • 顔写真登録確認

申請情報登録

  • 生年月日(※必須)
  • 電子証明書の発行希望有無
  • 氏名の点字表記希望有無

申請完了

  • 画面の案内にしたがい 必要事項を入力して送信する
  • 登録したメールアドレス宛に申請完了のメールが届く
  • これで申請完了

顔写真のチェックポイント

顔写真のサイズ

  • 縦 45mm × 横 35mm

適切な写真の規格の目安です。
マイナンバーカードには、縦 27.5mm 横 22mmに縮小して貼付される。

写真の条件

  • 最近6ヶ月以内に撮影
  • 正面
  • 無帽
  • 無背景
  • 白黒写真でもOK

NG写真

  • 顔が横向き
  • 無背景ではない
  • 正常時の顔貌と著しく異なる
  • 背景に影がある
  • ピンボケや手振れにより不鮮明
  • 帽子 サングラスをかけ人物を特定できない

注意事項

宗教上又は医療上の理由により 顔の輪郭が分かる範囲で頭部を布などで覆う写真を使用する方や 乳幼児 障がいのある方又は寝たきりの方等 やむを得ない理由により適切な規格の写真を撮影できない場合は下記のいずれかのご対応で使用可能となります。

  • 居住している地域の役所に電話連絡 来庁して申請書IDを伝える。
  • 交付申請書の表面の氏名欄に理由を記載して 交付申請書を送付する。
  • 個人番号カードコールセンターに電話して 申請書IDを伝える。

※役所の窓口で マイナンバーカードの交付時に事情を確認される場合があります。
顔写真が規格外(暗い トリミングができないなど)の場合や顔写真以外の理由で不備となることもあるので注意する。

顔写真の詳細は下記リンクの「マイナンバーカード 総合サイト・顔写真チェックポイント」で確認してください。

https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse-checkpoint/

街中の証明写真機からの申請

  • 申請書を持参して 申請可能な証明写真機で顔写真を撮影して申請することも可能です。
  • ただし 街中の証明写真機は申請でない証明写真機もあるので注意してください。

対応しているまちなかの証明写真機

 

スポンサードリンク

マイナンバーカード申請方法!窓口行かずにスマホやPCでも申請可能 まとめ

今回は マイナンバーカード申請方法!窓口行かずにスマホやPCでも申請可能
について情報発信させていただきました。

今回 ご紹介した方法であれば コロナウィルスに感染する危険もありませんし 窓口で待たされてイライラすることもなくスムーズ申請がにできて安心できますね。

実際 記事を書くために私自身も自宅で家族分を含めてスマホ・タブレット・パソコンでマイナンバーカードの申請をしました。

所要時間は、10分程度でした。

ただし、マイナンバーカードに載せる写真には こだわり1人20分くらいかかりました。

例えば、条件にあった証明写真や気に入った写真があれば 時間短縮できますね。

皆さんもマイナンバーカードの申請をスマホ・タブレット・パソコンでチャレンジしてください。

スポンサードリンク