スポーツ

イチロー!じつは次男? お兄さんの名前は鈴木一泰?どんな人なの?

49.イチロー!じつは次男?

イチロー選手が引退会見してからニュースや話題が持ちっきりですね。

実は、イチロー選手には5歳年上のお兄さんがいることがわかりました。

実はかなり有名人ということで気になったので調べてみました。

イチロー!じつは次男? お兄さんの名前は鈴木一泰?

イチローさんの本名は”鈴木一朗”というのは有名な話ですね。

 

名前が”一朗”というので長男と思ったのですが 実は次男でした。

 

イチローさんには 鈴木一泰(すずきかずやす)さんというお兄さんがいました。

イチロー!じつは次男? お兄さんの名前は鈴木一泰?どんな人なの?

この 鈴木一泰さん 実はかなり有名人ということです。

 

鈴木一泰さんは イチロー選手が13歳の時に進学するために一人暮らしをはじめました。

 

鈴木一泰さんは イチロー選手とは13年しか同じ家で暮らしていません。

 

ただ、今でも兄弟で交流がって 兄弟の中はかなり良好の兄弟だそうです。

 

鈴木一泰さんのプロフィールですが、一般人のためありませんが

  • 名前:鈴木一泰(すずきかずやす)
  • 生年月日:1968年生まれ
  • 出身校:愛知工業高校 → 中央工学校(専門学校)建築設計科卒業

 

中央工学校卒業後、工務店で勤務し、その後建設会社へ就職されたそうです。

 

ただし、その間に努力されて1級建築士となったそうです。

 

28歳のときに転職をして博報堂に入社をされたそうです。

博報堂ではグラフィックデザイナーでとして仕事をされたそうです。

博報堂での仕事は 企業や市町村などの様々なキャラクター、ロゴなどのデザインを手がけ アパレルブランドや広告デザインまでと活躍の場を広めていったそうです。

 

鈴木一泰さんの実績は、関西独立リーグ球団キャラクターデザイン・ユニホームデザイン
スポーツアパレルブランドの「SUW(スゥー)」プロデュースなどだそうです。

 

ニコニコ動画で有名なドワンゴのキャラクター”インコちゃん”日本BS放送のキャラクター”BEAMO(ビーモ)”のデザインなどあるそうです。

 

その中でもイチロー選手のおかげでオリックス黄金時代の90年代後半、オリックス球団のグッズデザインを担当させてもったこともあるそうです。

 

現在はカズヤス・ワークスというデザイン事務所を立上げて経営をされているそうです。

 

今年51歳になる鈴木一泰さんですが東京の日本橋と赤坂で焼肉店「焼きち すぅーさん」
に携わるなど接客業にも関わっているそうです。

 

今年1月には銀座にしゃぶしゃぶ店を出されたそうですがお店の名前はわかりませんでした。

 

また代官山のスポーツジム「コブラクションミックス」ではテーピングの指導や普及にも努めているそうです。

 

鈴木一泰さんが、テーピングに興味をもたれたキッカケは中学生のころNBAのマイケル・ジョーダンらに憧れてテーピングに興味をもったそうです。

 

テーピングには”デザイン性をもっと出せるんじゃないか?”とアイデアを練り続けて7年前に形にしたそうです。

 

そのテーピングはコブラの頭を組み合わせたようなコブラクションテープだそうです。

 

コブラクションテープ公式サイト

 

コブラクションテープは2012年に販売開始して総出荷枚数はシリーズ累計で200万枚を突破しているそうです。

 

愛用者にはプロのアスリートもいるそうです。

イチロー!じつは次男? お兄さんの名前は鈴木一泰?どんな人なの? まとめ

今回は、イチロー!じつは次男? お兄さんの名前は鈴木一泰?どんな人なの?
について情報発信させていただきました。

鈴木一泰さんもご自身で努力されたとは思いますがやはり弟イチローさんのブランド力のおかげもおおいにあるようですね。