雑学

御料車センチュリーロイヤル!値段は?センチュリーとの違いを深堀り

こんにちは!

日本が新しい時代「令和」の幕があきましたね。テレビで御料車の
センチュリーロイヤルを見る機会が多く、値段や普通のセンチュリー
との違いが気になったので深掘りしてみました。

御料車センチュリーロイヤル!詳細

御料車センチュリーロイヤルについて調べてみました。

 

View this post on Instagram

 

. #トヨタ #トヨタセンチュリー #御料車

@ siulun_hoがシェアした投稿 –

センチュリーロイヤルは、センチュリーをカスタムした車
だそうです。

センチュリーロイヤルは、トヨタでは「大きな車」という
車両コードネームが付いて、実際センチュリーロイヤルと
センチュリーでは、大きさ、機能まで別物だといってよい
くらいの違いがあるそうです。

後部座席の扉は、観音開きになっていて、後部座席がより
見やすいように窓は全体的に大きく設計されているそうです。
ガラスは、もちろん防弾ガラスが採用されているそうです

 

御料車とは、天皇皇后陛下が国会開会式や全国戦没者追悼式
などに公務で移動されるための車両ですが、国賓を始め海外
の元首の公式訪問にも使用されるそうです。

 

歴代御料車

  • 初代 1912(大正元) 年:イギリス・デイムラー
    車名:ランドレー57.2HP
  • 2代目 1921(大正10)年:イギリス・ロールス・ロイス
    車名:シルヴァーゴースト
  • 3代目 1932(昭和7)  年:ドイツ・メルセデス・ベンツ
    車名:ベンツ770
  • 4代目 1951(昭和26)年:アメリカ・キャデラック
    車名:75リムジン
  • 5代目 1967(昭和42)年:日本・プリンス自動車(現:日産自動車)
    車名:プリンス・ロイヤル
  • 6代目 2006(平成18)年:日本・トヨタ自動車
    車名:センチュリーロイヤル

 

 

3代目 のメルセデス・ベンツ770は購入した7台の中1台は
1968(昭和43)年まで御料車として使用された後に
1971(昭和46)年にはドイツのダイムラー・ベンツ
に寄贈されてたそうです。

 

現在でもドイツにあるメルセデス・ベンツ博物館に
展示されているそうです。

 

5代目のプリンス・ロイヤルは5台購入したのですが
購入から40年近く経過して車両本体の老朽化や
部品補充が困難になったことで維持ができないため
御料車として、運行に支障を来すおそれがあるという
理由で、センチュリーロイヤルに切り替わったそうです。

御料車センチュリーロイヤル!値段は?

御料車センチュリーロイヤルの車両価格は、乗用車両としては
国内で販売されている車両価格最高額の約5,250万円だそうです。

調べたところセンチュリーロイヤルは、一般販売されて
いないそうです。

一般販売をして欲しいという声も多数あったようですが
御料車としての品格を保つためとセキュリティーの関係で
一般車両と間違えられないように一般販売はしないことに
したそうです。

スポンサードリンク

御料車センチュリーロイヤル!センチュリーとの違は?

センチュリーロイヤルとセンチュリーの比較

  • センチュリーロイヤル  センチュリー 
  • 全  長:6,155mm   5,270mm
  • 全  幅:2,050mm   1,890mm
  • 全  高:1,780mm   1,470mm
  • 車両重量:2,920kg     2,050kg
  • 乗車人数:8人      5人

 

センチュリーロイヤルは、通常のセンチュリーと比較すると
大きさや重量に大きな違いがあります。

 

座席は、運転席と助手席は革張りで、後部座席は布張りに
なっているそうです。

 

後部座席が布張りになっている理由は、馬車に由来して
いるそうです。

 

雨が降った時に濡れる運転席と助手席は耐久性のある
革を使用して、滑りにくく柔らかい布は後部座席に使用
しているそうです。

スポンサードリンク

御料車センチュリーロイヤル!値段は?センチュリーとの違いを深堀り まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、御料車センチュリーロイヤル!値段は?センチュリーとの違いを深堀り
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク