チコちゃん

チコちゃんに叱られる!単1・単2の「単」ってなに? 8月23日

こんにちは!

8月23日放送のチコちゃんに叱られる!で
単1・単2の「単」ってなに?

という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!単1・単2の「単」ってなに?

単1・単2の「単」ってなに?

答えは、1つで済む電池という意味

 

詳しく教えてくださるのは
次世代電池の研究をしている
東京理科大学 応用科学科 教授
駒場 慎一 先生(こまば しんいち)

 

  • 乾電池のことを、単1電池、単2電池と言いますけども
    このような電池を「単位電池」と言うそうです。
  • 単1単2 → 1つでも済む電池という意味だそうです。
  • 1934年頃まで使用されていた電池は主に
    「積層電池(せきそうでんち)」という複数の乾電池を
    1つにまとめたものだったそうです。
  • 積層電池とは複数の乾電池を直列にして高い電圧にした
    電池だそうです。
  • 40代以上の人は見覚えがあるそうです。
  • 最近、あまり見かけませんよねぇ。
  • 当時、乾電池を使用していた懐中電灯などの電化製品は
    消費電力は大きく1本の乾電池では賄いきれないものが
    多かったそうです。
  • そのため乾電池はひとまとめにされ「積層電池」として
    売られていたそうです。
  • しかし戦後、電化製品の省エネ化と乾電池性能向上により
    1本でも十分作動できるようになったそうです。
  • 複数を積み重ねる積層電池に対して1つで済むという
    意味の単位電池
  • これを略して単1電池単2電池という言葉が生まれた
    そうです。
  • 今となっては当たり前のように使っている乾電池。
  • 世界で初めて乾電池を発明したといわれているのが
    日本人だということみなさんご存じでしたか。
  • その人物の名前は屋井先蔵(やいさきぞう)さんだ
    そうです。
  • 町の方々に聞いてみると…誰も知らないご様子。
  • ここまで知られていない理由には彼の不遇の人生が
    大きく関係しているそうです。
  • 発明家を志し、技術指導者の養成機関 東京職工学校に
    合格するため勉強に勤しんでいた屋井先蔵さん。
  • しかし、試験当日に試験開始時間に間に合わなかった
    そうです。
  • 当時の時計は精度が低く
    時刻は時計によってバラバラだったそうです。
  • そのため屋井先蔵さんは試験に間に合わなかったそうです。
  • 「どの時計も同じ時を刻んでいたら」と考え、正確な時計
    を作ろうとしたそうです。
  • 全てのお金を発明に注ぎ寝る間も惜しんで研究に没頭した
    そうです。
  • 屋井先蔵さんは電気で正確に動く「連続電気時計」の開発
    に成功したそうです。
  • 日本で初めて電気分野での特許取得したそうです。
  • しかし、結果ほとんど売れなかったそうです。
  • 原因は時計を動かしている電池だったそうです。
  • 当時の電池は湿式電池と呼ばれるものだったそうです。
  • 湿式電池は、電解液と呼ばれる液体を使用した電池
    だそうです。
  • そのため、液漏れしてしまう、冬場はに凍ってしまう
    など欠点があり普及しなかったそうです。
  • こうして屋井先蔵さんは新しい電池の研究を始めることに
    したそうです。
  • 屋井先蔵さんは、ロウソクは燃える時は液体だが
    燃える前は個体というのを見て閃いたそうです。
  • 電解液を液体じゃなくて個体にすればとロウソクから
    ヒントを得て、個体にすることで電解液に石こうなどを
    混ぜペースト状にして液漏れ・凍結を解消したそうです。
  • さらに電池の容器を亜鉛にして容器自体を電極にする
    という画期的な構造を生み出したそうです。
  • 1887年世界初と言われる乾電池・屋井乾電池が誕生した
    そうです。
  • 大学の教授たちにも高評価を受けシカゴ万国博覧会に
    出展されることになったそうです。
  • これで世界中がこの屋井乾電池に注目して注文が殺到
    すると思っていたそうです。
  • しかし、シカゴ万博で屋井乾電池を見た外国の企業に
    模倣品を製造されてしまったそうです。
  • 屋井先蔵さんは乾電池の開発に財産全てをつぎ込んで
    しまったため特許をとるためのお金がすぐに用意できず
    特許が遅れ、その間に輸入された模倣品が国内に出回る
    事態になってしまったそうです。
  • ところが、陸軍から大量に注文が来たそうです。
  • その理由は日清戦争だったそうです。
  • それまで陸軍は情報戦を左右する電信機に湿式電池を使用
    していたのですが、極寒の地でも凍らない屋井乾電池
    採用したことで、情報戦を制し戦争に勝利したそうです。
  • 屋井乾電池の名は瞬く間に世間に広まったそうです。
  • 屋井先蔵さんは会社を設立し、乾電池を量産したそうです。
  • 屋井先蔵さんは乾電池王と呼ばれるようになったそうです。
  • しかしこれからというときに、屋井先蔵さんは胃がんの
    ため63歳で亡くなったそうです。
  • そして、その後会社は軍からの需要が途絶えたこともあり
    倒産したそうです。
  • 功績があまり知られることはありませんでしたが
    屋井先蔵さんの乾電池の技術は、他の日本の企業にも
    受け継がれて、現在までさまざまな電池が開発されている
    そうです。
スポンサードリンク

 

チコちゃんに叱られる!単1・単2の「単」ってなに? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!単1・単2の「単」ってなに?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事のこちらもご覧ください。

チコちゃんに叱られる!なぜ鳥は卵を温める? 8月23日
チコちゃんに叱られる!幽霊に足がないのはなぜ? 8月23日
チコちゃんが1対1でチェック!名言の続きを教えて! 8月23日
チコちゃんに叱られる!がらんとしているの「がらん」ってなに?8月23日
チコちゃんに叱られる!パラリンピックの「パラ」ってなに? 8月23日
チコちゃんに叱られる!靴ヒモがほどけるのはなぜ?6月7日8月23日更新情報
スポンサードリンク