チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜ讃岐うどんは香川名物になった?5月3日

こんにちは!

5月3日放送のチコちゃんに叱られる!働き方改革のコーナーで
なぜ讃岐うどんは香川名物になった?という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!なぜ讃岐うどんは香川名物になった?

なぜ讃岐うどんは香川名物になった?

答えは、大ピンチだった香川さんが大阪万博で売りまくったから

 

教えてくださるのは

「香川屋」の香川正義さんの息子さん
香川政明さん(かがわ まさあき)

  • なぜ讃岐うどんは香川名物になった?
  • そのキッカケを作ったのはその名も「香川屋」の香川正義
    (かがわ まさよし)さんだそうです。
  • 1960年代に香川県内では家庭や大衆食堂、喫茶店で食べら
    れていた「うどん」だそうです。
  • このころはまだ全国区になっていなかったそうです。
  • 讃岐うどんと言えば、コシが強いのが特徴だそうです。
  • このコシが強いのを作るのが足を使って踏む、足踏み
    製法だそうです。
  • 香川正義さんも当時40年以上続くうどん屋さんで足踏みを
    してうどんを作っていたそうです。
  • 1964年にある大事件が勃発したそうです。
  • 県外の観光客の方から
    「食べ物を足で踏むのはいかがなものか」ということが
    発端になって香川県のうどん業界は非常にビックリした
    そうです。
  • 県外からの観光客から足踏み製法は
    「不衛生」「汚い!」「不潔!」「食べたくない!」と
    指摘されたそうです。
  • 足踏み製法を指摘されたことで香川県は「足踏み禁止」
    を決定したそうです。
  • これに対して、うどん屋さんは猛反対したそうです。
  • そんな中、当時、組合の役員をしていた香川正義さんは
    一つ大きな決断をしたそうです。
  • 足踏みをしなくてもいい会社を作ったそうです。
  • うどんを機械で作る製麺工場を設立したそうです。
  • しかし、反対運動を受けて香川県は
  • 食べにくるお客さんだけに営業する個人業者には足踏みを
    許可、製麺業者には足踏み禁止にしたそうです。
  • 香川政明さんが工場でつくるうどんは香川県内では全く
    売れず会社は倒産寸前の大ピンチになったそうです。
  • そんな香川正義さんに、思いも寄らぬチャンスが訪れた
    そうです。
  • 美味しいうどんをお寿司と一緒に大阪万博で売りたいと
    いうような話があったそうです。
  • 1970年アジアで最初に開催された万国博覧会の大阪万博
    77か国が参加して最新技術を発表したそうです。
  • そんな熱気あふれる大阪万博の会場内3カ所で1食100円で
    販売したそうです。
  • 当時22歳だった香川政明さんも父親の香川政明さんに
    ついて大阪万博に行ったそうです。
  • 香川政明さんいわく「ビックリするくらいの反応があり
    ましたね。」
  • 「多いときには(1日)1万食近くのうどんが売れた、
    お祭り騒ぎ。倒産寸前の会社よりも、ひたすら売れる
    ことに対する嬉しさと楽しい毎日」だったそうです。
  • 大阪万博開催中、約160万食のうどんを販売した
    そうです。
  • お客さんの口コミで評判が広まり知名度は一気に全国区
    になったといわれているそうです。
  • さぬきうどん研究会 会長の諏訪輝生さんによると
  • 「大阪万博以降3年間で讃岐うどんの出荷額が2.5倍35億
    円増加した」ということだそうです。
  • さらに香川県内にうどんを食べにくるの観光客も増加した
    そうです。
  • その後1990年代には冷凍うどんの販売やセルフ式の
    うどん店が全国に進出するなど空前の讃岐うどんブームが
    巻き起こったそうです。
  • 倒産寸前だった香川政明さんの会社は、売上も増えて、
    従業員もどんどん増えていったそうです。
  • 香川さんの会社は現在、年商8億5千万円だそうです。
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!なぜ讃岐うどんは香川名物になった? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は”チコちゃんに叱られる!なぜ讃岐うどんは香川名物になった?”
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク