チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なんでプリンにカラメルが入っているの?3月15日

チコちゃんアイキャッチ画像3

3月15日放送のチコちゃんに叱られる!で
なんでプリンにカラメルが入っているの?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!なんでプリンにカラメルが入っているの?

なんでプリンにカラメルが入っているの?

答えは、きれいな形で食べてもらうため

 

詳しく教えてくださるのは
日本洋菓子協会連合会 公認技術指導副委員長
永井紀之さん

 

  • プリンは、イギリスのプディングという
    つめる料理が起源だそうです。
  • 16世紀 エリザベス1世女王のもと
    世界の海の支配に乗り出していたイギリスにとって
    大きな問題は船乗りたちの食糧事情だったそうです。
  • 限りある食材を無駄にしないで 船乗りが作っていたのが
    プディングだそうです。
  • 当時のプディングは、余った肉・野菜などを煮込み
    冷やして小麦などを混ぜ合わせて 生地の中に詰めて蒸す
    食料だったそうです。
  • その後、プディングはヨーロッパ各地でさまざまな形が
    誕生したそうです。
  • クリスマスプディング:ドライフルーツ・クルミなどを
    混ぜ合わせて蒸したものだそうです。
  • パンプディング:パン・卵・牛乳・砂糖を混ぜ合わせて
    蒸したものだそうです。
  • 地域によって材料も形も全く違う物ができていたそうです。
  • その後、18~19世紀にフランスで
    カスタードプディング=現在の形のプリンが誕生したと
    考えられているそうです。
  • 当時はカラメルをなしのプリンを作っていたそうです。
  • 材料は、卵・牛乳・砂糖・バニラエッセンスで混ぜ合わせた
    ものを器に入れて蒸し焼きにして、冷やし、冷えたら周りを
    ナイフで切り取り、お皿に出すそうです。
  • しかし、うまく出すことができなかったそうです。
  • 当時のプリンは、取り出すときプリンと型の底の部分が
    くっつき、うまく取り出せず、形もきれいではなかったそうです。
  • 職人が何とかうまく取り出す方法はないかと考えて
    カラメルを使うアイデアをうみだしたそうです。
  • 器のそこで固めたカラメルの上からプリンを作り
    取り出してみるときれいに取り出せたそうです。
  • カラメルは、ヨーロッパの職人がもともと使っていたが
    プリンの見た目をきれいにしようと試行錯誤し
    たまたま使ってみたらきれいにとれたので
    広がっていったそうです。
  • 固めたカラメルを入れるときれいに取り出せるかというと
    カラメルは水に溶けやすい特性があるからだそうです。
  • 実際に、器にカラメルを入れて水をいれると溶けて液体に
    なるそうです。
  • この原理を利用して、固めたカラメルにプリン液を入れると
    水分が徐々に下に行き、カラメルが溶けてゆくそうです。
  • そして、蒸している間もカラメルは溶けるそうです。
    (蒸し時間は20分間)
  • 蒸したプリンを冷やしている間も水分を吸収してカラメルは
    溶け続けるそうです。
  • 最後、液体になったカラメルは器とプリンのあいだにあるので
    プリンをきれいに器から取り出すことができるそうです。
  • 現在はプリンのイメージといえばカラメルがセットになっているので
    容器に入ったまま食べるプリンであればカラメルはいらないが
    イメージを大切にするためカラメルを入れて販売されているそうです。

 

チコちゃんに叱られる!なんでプリンにカラメルが入っているの?まとめ

今回は、チコちゃんに叱られる!なんでプリンにカラメルが入っているの?
について情報発信させていただきました。