チコちゃん

チコちゃんに叱られる!おにぎりが三角なのはなぜ? 5月10日

こんにちは!

5月10日放送のチコちゃんに叱られる!で
おにぎりが三角なのはなぜ?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!おにぎりが三角なのはなぜ?

おにぎりが三角なのはなぜ?

答えは、神様が宿りやすいから

 

教えてくださるのは
この番組で日本の食と言えばこの方!
東京・練馬区 食文化史研究家
永山久夫 先生(ながやま ひさお)

  • 日本のおにぎりの歴史は古いそうです。
  • 古代は今以上に形を重要視していたそうです。
  • 1987(昭和62)年 石川県・杉谷チャノバタケ遺跡で
    弥生時代中期のおにぎりが発見されたそうです。
  • それがこちら⤵
  • ガラスのケースに入った三角形の黒い物体。
  • 約2000年前の日本最古のおにぎりだそうです。
  • 見事な三角形をしているそうです。
  • 原型を保って発掘された日本最古のおにぎりは
    現在のおにぎりより鋭い三角形だそうです。
  • 先端をとがらせて三角形にしたのはおにぎりが
    神様へのお供え物だったからだそうです。
  • まだ薬の無かった時代、人々は食べ物を神に供え
    それを口にし神の力で健康を保とうとしていたそうです。
  • なぜおにぎりを鋭い三角形にする必要があったのか?
  • 古代では神は、雲の上にいて高い所に宿ると
    考えられていたからだそうです。
  • 古代では、神が宿る所は山だと
    考えられていたそうです。
  • おにぎりが三角なのは
    神が宿るとされる山の形をマネした
    からだそうです。
  • この習慣は現在にも受け継がれているそうです。
  • 仏壇のお供えのご飯やお正月の鏡餅も
    山の形をイメージしているそうです。
  • それで三角形のおにぎりを食べていたのでしょうか?
  • 三角形だったのは神様にお供えするおにぎりだけ
    だったそうです。
  • 人々が日常的に食べていたのは
    より簡単に作れる丸いものが多かったそうです。
  • 平安時代の書物「源氏物語」の一節には
    「屯食(とんじき)」という現在のおにぎりを
    意味する言葉が出て来るそうです。
  • 屯食は丸い卵型をしていたそうです。
  • 主に貴族の召し使いなどが食べていたそうです。
  • これは永山 先生の推測ですが
  • 丸い卵型なのは、神と同じ三角形にしては
    畏(おそ)れ多いという気持ちがあったからだそうです。
  • 神様は三角形、一般の人々は丸という意識が
    あったと思われるそうです。
  • 昔は限られた人だけしか食べられなかったお米ですが
    江戸時代には庶民もお米が食べられるようになったそうです。
  • しだいに形に対するこだわりも薄れて三角形の
    おにぎりも日常的に食べるようになったそうです。
  • こうして、おにぎりの形の決まりは
    無くなっていったそうです。
  • なぜ現代では三角形が主流になったのでしょうか?
  • その背景にはコンビニの存在が大きかったと
    思われるそうです。
  • コンビニが三角形のおにぎりを販売することで
    全国的におにぎりが三角形に変化していったそうです。
  • コンビニが三角形に選んだ理由は
    運搬や陳列の際に安定するからだそうです。
  • コンビニの普及とともにおにぎりも三角形に
    なっていったそうです。
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!おにぎりが三角なのはなぜ? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!おにぎりが三角なのはなぜ?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク