チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜ年末に第九を演奏するようになった?12月7日

12月7日放送のチコちゃんに叱られる!で
なぜ年末に第九を演奏するようになった?
という質問がありました。

チコちゃんに叱られる!なぜ年末に第九を演奏するようになった?

なぜ年末に第九を演奏するようになった?

答えは、楽団員の年越し費用を稼ぐため

詳しく教えてくださるのは
日本クラシックソムリエ協会 代表理事
田中 泰 先生(たなか やすし)

  • もともとは 喜びの歌 歓喜と内容だそうです。
  • 第九は ベートーベン作曲の交響曲第九番のことだそうです。
  • 毎年12月だけで100回以上の公演があるそうです。
  • なぜ年末に第九を演奏するようになったのでしょうか?
  • それは 楽団員の年越し費用を稼ぐためだそうです。
  • 12月に第九が多く演奏されるのは世界の中でも日本だけだそうです。
  • よく聞くこの合唱は歓喜の歌と呼ばれ 第4楽章の最後に喜びと平和を高らかに歌いうそうです。
  • 年越しの雰囲気にもぴったりでまさに年末の風物詩だそうです。
  • しかし 海外の年末ではヘンデル作曲の名曲メサイヤのほうが一般的で第九を年末に演奏することは少ないそうです。
  • NHK交響楽団が年末にやり始めたのがきっかけだそうです。
  • 1947年の年末に行われた第九公演がきっかけとなった可能性が高いと言われているそうです。
  • 当時は終戦直後で人々の生活は苦しく楽団員たちにとっても厳しい時代だったそうです。
  • 第九を一度公演してみた時に こんなに(チケットが)売れるんだ!と思ったそうです。
  • もち代とよく使いますけれど どうせやるなら黒字が予想できる
    作品である第九を持ってこようとしたそうです。
  • 年越し費用が稼げるため他の楽団にも広がっていったそうです。
  • 第九は最初 聴く作品でしたが参加する作品に変わっていったそうです。
  • 年末に第九が演奏されるのは 太平洋戦争に出兵した学生への追悼として始まったという
    説もあるそうです。
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!なぜ年末に第九を演奏するようになった? まとめ

今回は、チコちゃんに叱られる!なぜ年末に第九を演奏するようになった?
について情報発信させていただきました。

スポンサードリンク