チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜネジにはプラスとマイナスがある?5月3日

こんにちは!

5月3日放送のチコちゃんに叱られる!で
なぜネジにはプラスとマイナスがある?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!なぜネジにはプラスとマイナスがある?

なぜネジにはプラスとマイナスがある?

答えは、ゴミが詰まるから

 

教えてくださるのは
東京・港区
日本ねじ工業会 専務理事
大磯義和 先生(おおいそ よしかず)

  • プラスとマイナスネジはネジを使う場所の汚れやすさで
    使い分けられるそうです。
  • プラスとマイナスネジは現在の世の中に出回っている
    ネジの9割はプラスネジだそうです。
  • 大磯義和 先生によると身の回りにあるほとんどのネジは
    作業が楽で効率的なプラスネジだそうです。
  • なぜすべてのプラスネジに統一しないのでしょうか?
  • プラスネジは汚れが溝に詰まると取りにくいからだ
    そうです。
  • プラスネジは溝にゴミが詰まるとドライバーが入らず
    取り外しにくくなるそうです。
  • プラスネジにはそういった弱点があるそうです。
  • 無理に回そうとするとネジの溝が潰れるてしまう
    可能性があるそうです。
  • マイナスネジは溝が脇までつながっているためゴミが
    詰まってもドライバーでゴミをかき出すことができる
    そうです。
  • 例えば屋外なんかで最初から汚れることが想定される
    場所ではマイナスネジが使われることが多いそうです。
  • 屋外にある電気メーターや消火栓・家の中でもお風呂場
    などの水回りで汚れやすい場所ではマイナスネジを多く
    使っているそうです。
  • さらにマイナスネジのメリットはドライバーを使わずに
    付け外しが出来ることだそうです。
  • 例えばコインでも開け閉めが出来るそうです。
  • 例えばカメラの三脚とか持ち運びの機会も多い
    こういった所にもマイナスネジが使われている
    そうです。
  • マイナスレジは微調節が必要な場所でも重宝
    されているそうです。
  • 腕時計の内部・ライターの火力など「-」の
    微妙な角度を見て調整が出来るそうです。
  • マイナスネジの良さがあるため量は少なくても
    これからもつかわれるそうです。
  • かつてはマイナスネジが主流だったそうです。
  • そもそも日本にネジが入ってきたのはいつなの
    でしょうか?
  • 1543年種子島の鉄砲伝来=日本にネジが入って
    くるきっかけとなったそうです。
  • 火縄銃の反動に耐えられるように
    「尾栓(びせん)」と呼ばれるネジが使われる
    のが始まりだそうです。
  • つまり「鉄砲伝来」とは「ネジ伝来」でもあった
    そうです。
  • しかし当時はマイナスやプラスではなくネジの頭に
    棒を差し込んで回すというものだったそうです。
  • その後江戸末期~明治にかけて小栗上野介という
    偉人がアメリカに視察に行った時に、マイナスの
    ネジを日本に持ち帰ったというふうに伝えられて
    いるそうです。
  • 江戸幕府の勘定奉行などを務めた小栗上野忠順が
    持ち帰ったネジは群馬県高崎市の東禅寺に行けば
    今でも見ることが出来るそうです。
  • ワシントンの海軍造船所でネジくぎをもらって
    きたそうです。
  • 小栗上野忠順さんは知り合いに持ち帰ったネジを
    配って「こういう物をどんどん作っている国が
    アメリカなんだ」
  • 「日本もこういう国にしたい」と、そういう主張
    をして、横須賀の造船所建設をしきりに提案して
    実現にこぎつけたそうです。
  • つまり日本に最初に入ってきたのはマイナスネジ
    だそうです。
  • 当時はほとんどがマイナスネジだったのですが、
    ある人物がきっかけになり現在のようにプラス
    ネジが主流になったそうです。
  • そのきっかけになった人物こそHONDAの創業者
    本田宗一郎さんだそうです。
  • 1935年アメリアのフィリップス・スクリュー社
    がプラスネジを開発したそうです。
  • その3年後の1938年には日本にも入ってきた
    のですが、当時はプラスネジを加工する技術も
    なくマイナスネジに比べて生産量は圧倒的に
    少なかったと言われているそうです。
  • しかし、1952年本田宗一郎が工作機械の視察で
    渡米したとき、プラスネジを持ち帰って、自社の
    バイク製造に使用するため大量生産を開始した
    そうです。
  • ネジの溝の部分にピタリと合わせなければならず
    手を添えないと締めにくいマイナスネジに対して
    プラスネジは中心さえ合えばドライバーが横滑り
    せず回せたそうです。
  • このプラスネジの特性は工場のオートメーション化
    に適していたため生産効率を上げることにつな
    がったことも言われているそうです。
  • 本田宗一郎さんは著書「得手に帆あげて」で
    「外国の工場を見に行って、床に落ちていた
    クロスねじをこっそり拾ってきた」
  • 「クロスねじをつくって、組立てを始めたら、
    グーンと能率がよくなった。」と語っている
    そうです。
  • HONDAの世界的なメーカーへと成長されたのは
    プラスネジと言っても過言ではないかもしれない
    そうです。
  • 大磯義和 先生は言います「ネジは私たちの日常の
    中で大きな役割をしているすばらしい部品です。」
  • 「ネジだけでは何もできないが、ネジがなければ
    何もできない。この世はネジでできている。」
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!なぜネジにはプラスとマイナスがある? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!なぜネジにはプラスとマイナスがある?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク