チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜ辛い食べ物はやみつきになる?4月19日

こんにちは!

4月19日放送のチコちゃんに叱られる!で
なぜ辛い食べ物はやみつきになる?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

チコちゃんに叱られる!なぜ辛い食べ物はやみつきになる?

なぜ辛い食べ物はやみつきになる?

答えは、命の危険を感じているから

 

教えてくださるのは
奈良・北葛城群
畿央大学 健康科学部 教授
山本隆 先生(やまもと たかし)

  • 人間の味覚の中に”辛い”という感覚はないそうです。
  • 人間の味覚は5種類
  • 甘味(あまみ)、酸味(さんみ)塩味(えんみ)、
    苦味(にがみ)、うま味(うまみ)の舌で感じるのは
    この5種類だそうです。
  • ここに入っていないピリッと辛い感覚はなんなのでしょうか?
  • 辛いは味覚ではなくて、熱いと感じている”熱さ”だそうです。
  • 辛い物を食べると口の粘膜にある
    TRPV1(トリップブイワン)というセンサーが反応するそうです。
  • TRPV1の本来の働きは43℃以上の熱、温度に反応するそうです。
  • 辛さの原因物質カプサイシンが入ってくると43℃以上の熱だと
    勘違いしてしまうそうです。
  • つまり、辛~い麻婆豆腐を食べると口のTRPV1が43℃以上の
    熱を感じたと勘違いして脳に伝えてしまうそうです。
  • なぜ人間の体には43℃以上に反応するセンサーが必要なのか?
  • 43℃以上というのは人体に危険な刺激になって、
    意識を失ったり、重篤な状態になるからだそうです。
  • 人間にとって43℃以上は命の関わる危険に温度だそうです。
  • 命の危険が迫ったような強い刺激がきたときに
    脳は痛みという信号を出すそうです。
  • 辛い物を食べている人に聞いてみると「とにかく舌が痛い」
    といいます。
  • つまりこの痛みは、命の危険を伝える信号。
  • ところで、なぜ人は命の危険をかえりみずに
    辛さを求めてしまうのか?
  • 生命の危険を脅かすような非常に強い刺激がきたときに
    正常ではないと脳が判断してβ(ベータ)ーエンドロフィン
    という物質が出るそうです。
  • βーエンドロフィンとは別名:脳内麻薬ともいわれる
    物質だそうです。
  • おもに2つの働きがそうです。
  • ➀痛みをおさえる。
  • ②非常に強い快感を引き起こして幸せな気持ちにさせる。
  • この脳内麻薬の影響で、痛みとは真逆の快感を引き起こ
    して苦しみに耐えようとするそうです。
  • これは、忘れがたい快感のため、それを求めて繰り返し
    食べてるうちにやみつきになってしまうそうです。
  • 辛いラーメン屋さんに通い詰めても命の危険はありませんが
    人間の体は命が危険だと勘違いしながら、辛い物への
    あくなき挑戦を続けているそうです。
  • なぜか画面には?
  • 1903年 ライト兄弟 有人飛行成功
  • 1969年 人類初 月面着陸
  • 2013年 三浦雄一郎 最高齢エベレスト登頂
  • の映像とともにBGMに映画アルマゲドンのテーマソング
    「I Don’t Want to Miss a Thing」byエアロスミスが流れて~
  • 少し方向性に疑問がありますが...(笑)
  • そこでナレーションが
  • 「そう人類の歴史は、いつも危険への挑戦!
    偉大な先人が命の危険を乗り越え歴史は紡がれてきました。
    人はなぜ命の危険をかえりみず冒険をしてしまうのでしょうか?」
    と最後はすこしオチャラケで終わりました。
  • 辛い食べ物がたくさんある韓国、タイなどでも子供の頃は
    辛いものが苦手ですが親が訓練をして10歳を過ぎるころには
    辛い物が食べられるようになるそうです。
  • 味の好みは遺伝しないそうです。
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!なぜ辛い食べ物はやみつきになる? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!なぜ辛い食べ物はやみつきになる?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク