チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なんで自転車は左から乗るの? 3月15日

3月15日放送のチコちゃんに叱られる!で
なんで自転車は左から乗るの?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!なんで自転車は左から乗るの?

なんで自転車は左から乗るの?

答えは、左足が支える足だから

 

詳しく教えてくださるのは
関西福祉科学大学 学長
八田武志さん

  • 脳と身体の仕組みを考えると私たちの足は
    左足は体を支える軸足、右足は動作をする利き足と
    機能が分かれているそうです。
  • 利き足とは、動きを器用に行う足、
    軸足とは高いところの物を取ろうとして体を支える足だそうです。
  • 多くの人は生まれたときから、足の機能が分かれているそうです。
  • 本当に機能が分かれているか確認する方法は、
    目をつぶって左右の足で片足立ちすると
    左足で体を支えているのがわかるそうです。
  • ほとんどの人が、左足の方が長く立っていることができるそうです。
  • 左足が支える足だからこそ、自転車に左から乗るそうです。
  • なぜ左足が体を支える足になったのかというと
    それは お母さんのおなかの中にいるときの赤ちゃんの耳の位置に
    秘密があるそうです。
  • 耳には音の情報をとらえるだけではなく 体の平衡感覚を
    つかさどる三半規管があるそうです。
  • 妊娠後期の赤ちゃんの約3分の2は左耳が母親の背骨に
    向いているそうです。
    (アメリカ空軍研究所プレヴィック(1991年)の研究より)
  • お母さんが歩いたり家事をしたりすると 背骨も動いて
    赤ちゃんの左耳に強い刺激が加わるそうです。
  • 赤ちゃんの左耳に強い刺激が加わると 左耳の平衡感覚を
    つかさどる三半規管が発達するそうです。
  • このため左足でバランスを上手にコントロールできる
    ようになるそうです。
  • よって、左足が体を支えるのに適している足になるそうです。
  • ちなみに右耳が背骨側に向いている場合は 右足が支える
    足になる可能性もあるそうです。
  • 自転車の乗り方について、警察では後ろから走行してくる車と
    の接触を避けるため、左から乗るように指導しているそうです。

 

スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!なんで自転車は左から乗るの?まとめ

今回は、チコちゃんに叱られる!なんで自転車は左から乗るの?
について情報発信させていただきました。

スポンサードリンク