チコちゃん

チコちゃんに叱られる!「腹の虫がおさまらない」の虫ってなんの虫?5月10日

こんにちは!

5月10日放送のチコちゃんに叱られる!で
「腹の虫がおさまらない」の虫ってなんの虫?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

チコちゃんに叱られる!「腹の虫がおさまらない」の虫ってなんの虫?

「腹の虫がおさまらない」の虫ってなんの虫??

答えは、医者たちが考えたこんな虫(Twitter参照してねェ!)


教えてくださるのは
腹の虫を研究し続けて20年
著書に「腹の虫」の研究 日本の心身観をさぐる
南山大学学術叢書 / 名古屋大学出版会があるそうです。
愛知県・長久手市
南山大学 名誉教授
長谷川雅雄 先生(はせがわ まさお)

  • 「腹の虫がおさまらない」という言い方がありますね。
  • 大昔は人の体や心を乱すのは鬼だと考えられていたそうです。
  • 平安時代、病気の原因は「疫鬼(えきき)」
    (鬼のせい)と考えられていたそうです。
  • 平安時代の医学書「医心方」には鬼のせいだと
    書かれている病気がいくつもあるそうです。
  • 病気というのは今では医学が治すものだという常識が
    ありますが、昔はそうではなかったそうです。
  • 当時の医学は立場が弱く病気の治療は宗教に
    頼らざるえなかったそうです。
  • 平安時代、鬼を追い払う祈祷(きとう)が
    病気の治療法だったそうです。
  • そのため医者の出る幕はほとんどなかったそうです。
  • しかし、医者たちが自分たちの活躍の場を
    広げようとして「鬼じゃないんだ」と
    「それは古い考え方なんだ」としたそうです。
  • 医者の地位を上げるため病気の原因を鬼では
    ない別の物にしようとしたそうです。
  • 鬼に替わって考え出されたのが虫だったそうです。
  • 病気の原因が人間には倒せず宗教に頼らなければ
    退治できない鬼ではなく、小さな虫なら人間で
    ある医者にも退治できると医者たちは考えたそうです。
  • 医学の拡大のために病気の原因は虫という考えを
    広めていったそうです。
  • 病気以外の心の変化も虫のせいと考えるように
    なったそうです。
  • 腹の虫の正体は病気の原因とされた虫と
    なっていったそうです。
  • 病気を引き起こす原因の虫とは?
  • いったいどんなものかというと
  • 多くの病があって
    それぞれに虫が考えられたそうです。
  • それがこちら⤵
  • これが戦国時代の医者が考えた腹の虫たち
    その数なんと63種類だそうです。
  • 例えば
  • 生息地:肝臓
  • 肝臓病を引き起こすと
    考えられたのが「ちょうまん」
  • 症状:腹に水がたまり全身がむくむ
  • 生息地:腎臓周辺
  • 尿管結石などを引き起こすと
    考えられたのが「こしぬけのむし」
  • 症状:腰あたりに吐き気を伴う激痛
  • 生息地:腹部全体
  • 酒の飲み過ぎ人のお腹にいるのは
    「おおざけのむし」
  • 症状:お酒を飲まずにはいられない
  • ほかにも「けっかい」「ひしゃく」
    「あくちゅう」「じんしゃく」など
    全部で63種類いるそうです。
  • 体内の虫のせいにする考えから
    腹の虫がおさまらない虫のいどころが
    悪いといった、今でも私たちがよく
    使う慣用句が生まれたそうです。
  • 江戸末期に西洋医学が入ってきたことで
    腹の虫たちは消えていき、今では言葉
    だけが残ったそうです。
  • 悪さをするのが虫なら誰も文句を
    言わないので、みんな納得するそうです。
  • 虫があることで人間関係のクッションに
    なっているそうです。
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!「腹の虫がおさまらない」の虫ってなんの虫? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!?「腹の虫がおさまらない」の虫ってなんの虫?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク