チコちゃん

チコちゃんに叱られる!お医者さんが白衣を着ているのはなぜ?5月3日

チコちゃんアイキャッチ画像3

こんにちは!

5月3日放送のチコちゃんに叱られる!で
お医者さんが白衣を着ているのはなぜ?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!お医者さんが白衣を着ているのはなぜ?

お医者さんが白衣を着ているのはなぜ?

答えは、イメチェンしたかったから

 

教えてくださるのは
医療に携わりながらお医者さんの服装に関する
研究もされている 茨城県・土浦市
霞ケ浦医療センター総合診療科 科長
栗原 宏 先生(くりはら ひろし)

  • お医者さんと言う職業は人類が始まってからずっと
    続いている職業だそうです。
  • 白衣を着るようになったのは19世紀の半ば以降だそうです。
  • トマス・エイキンズ作1889年の手術風景という絵には
    お医者さんが白衣を着ている姿が描かれているそうです。
  • 白衣を着るようになって間もない手術の様子を描いた絵だ
    そうです。
  • それ以前のお医者さんは何を着ていたかというと?
  • トマス・エイキンズ作1875年の手術風景という絵には
    お医者さんが黒衣を着ている姿が描かれているそうです。
  • 描かれているお医者さんが来ているのはフロックコートと
    いう男性用の礼装だそうです。
  • 診療の現場は礼節を重んじる必要があったので黒衣を
    着ていたそうです。
  • しかし、何で黒衣から白衣に変わったか?
  • 医学のよりどころが科学的になり医学がさらに進歩した
    からだそうです。
  • 19世紀までの医学は体の構造に対する理解は進んでいたの
    ですが、残念ながらコレといった治療方法がなかったそうです。
  • 場合によっては民間療法とも区別がつかないような治療が
    行われていたそうです。
  • 19世紀までの医療は医者の個人的な経緯や職業的な勘に
    頼った治療が行われていたそうです。
  • 医学そのものの信頼というよりは医師個人に対する信頼感で
    成り立っていたそうです。
  • 当時の医者も最善を尽くしていたと思います。
  • 黒衣から白衣に変わったのは医学界でとても大きな変化が
    起きたからだそうです。
  • 19世紀に入ると、電池の発明や紫外線の発見、更に世界初の
    蒸気機関車など「科学」が飛躍的に進歩したそうです。
  • その時、科学者たちは薬品などからの防護も兼ねて白衣を着る
    ようになっていったそうです。
  • そして医学も19世紀半ばに消毒法が確立されたり、病気の
    原因が病原体によることなどが発見されて飛躍的に進歩した
    そうです。
  • このようにより科学的になったことで、医師たちも科学者で
    あるという考えのもと清潔感も含めて白衣を着るようになった
    と考えられているそうです。
  • 要するにイメチェンしたかったということだそうです。
  • 経験や勘が頼りだった「医学」が「科学」的になってきたこと
    をアピールするために、お医者さんたちも白衣を着るように
    なったと考えられているそうです。
  • その白衣にも歴史があり、1970年ごろからは半袖白衣が
    広まっていったそうです。
  • 理由は、1961年~1966年放送のアメリカの大ヒット医療
    ドラマ「ベン・ケーシー」の影響で「ケーシー型白衣」と
    呼ばれて医者たちの間で大ブームになったそうです。
  • 続いては1970年ごろからグリーンスクラブというVネックで
    通気性を確保したスタイルだそうです。
  • 白衣の弱点「補色残像」を克服した革命的な一着だそうです。
  • 手術の時、赤い血を見たあとに白い場所に視線を移すと緑の
    残像が見えてしまうため、緑か青の手術着を着るようになった
    そうです。
  • 現在のスクラブウはオレンジ、ピンク、ネイビー、スカイブルー
    ブライトレッド等のカラーバリエーションもあるそうです。
  • 最近は割と何でも良い感じになってきたのですが、医者が白衣を
    着ることには変わりはないそうです。

チコちゃんに叱られる!お医者さんが白衣を着ているのはなぜ? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!お医者さんが白衣を着ているのはなぜ?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。