チコちゃん

チコちゃんに叱られる!がらんとしているの「がらん」ってなに?8月23日

こんにちは!

8月23日放送のチコちゃんに叱られる!
陽だまりの縁側コーナーに

埼玉県 鎌田早苗さん 5さい(主婦)からの質問で
がらんとしているの「がらん」ってなに?」
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!がらんとしているの「がらん」ってなに?

がらんとしているの「がらん」ってなに?

答えは、お寺のお堂

 

詳しく教えてくださるのは
7回目の登場!
曹洞宗 宝林寺 住職
千葉 公滋 先生(ちば こうじ)

 

 

  • ご存じない方も多いかもしれませんが
    がらんというのはお寺のお堂のことだそうです
  • 何もない空間のことをがらんと言うのはお堂を示す
    伽藍(がらん)に由来していると考えられている
    そうです。
  • その伽藍僧伽藍摩(そうぎゃらんま)という
    仏教の言葉を略したものだそうです。
  • サンスクリット語
    サンガーラーマ(Saṃgha-ārāma)に漢字を当て
    はめたものだそうです。
  • サンガーラーマ(Saṃgha-ārāma)

    僧伽藍摩
  • Saṃgha:お坊さんたちの集まりという意味
  • ārāma:休息する静かな場所という意味
  • お坊さんが集まり修行する静かな場所という
    意味の言葉だそうです。
  • 仏教が起こった頃、お坊さんたちは野外で
    修行するのが基本だったそうです。
  • お坊さんたちが集まり修行する場所は
    野原や林の中だったそうです。
  • ですから、サンガーラーマとは
    野外をイメージする言葉だそうです。
  • 昔々、お釈迦様が仏教を広めていたころ
    お坊さんたちは野宿をしながら外で
    暮らしていたそうです。
  • そこに、スダッタという大金持ちの男が
    現れたそうです。
  • スダッタは貧しいものや親のない子供に
    進んで食事を分け与えるような心根の
    優しい男だったそうです。
  • スダッタはお釈迦様が修行するための静かな場所
    サンガーラーマを探していると聞き、国中を探し
    回ったところ、ジェーダという王子様が持つ林を
    見つけたそうです。
  • スダッタは、さっそくジェーダ王子に林を下さい
    とお願いに上がったそうです。
  • ジェーダ王子は林を全部黄金で敷き詰めたらと
    いったそうです。
  • スダッタが諦めると思いきやなんと全財産を投げ
    うって全て黄金に替えて林に敷き詰めたそうです。
  • その額50億金(今のお金でいくらなのか不明だそうです)
  • 驚いたジェーダ王子は感心し、林をスダッタに
    くれたそうです。
  • スダッタにここまでさせるお釈迦様とは
    どういう人なのか気になったジェーダ王子は
    お釈迦様に会いに行ったそうです。
  • その神々しさにすっかり心打たれ、野外ではなく
    建物の中でも修行ができるようお堂を造ったそうです。
  • 林を上げるばかりか、修行のための立派なお堂を
    作ってしまったそうです。
  • これで、雨の日も安心となり、外で修行していた
    お釈迦様、お坊さんたちもお堂の中でも修行する
    ようになったそうです。
  • そして、サンガーラーマの意味は、野外で修行する
    静かな場所→修行する建物=お堂(伽藍)に変わって
    いったそうです。
  • しかし、お堂(がらん)→物や人がいない空間
    として使われるようになったのでしょうか?
  • 仏教は本来、外で修行するものだったそうです。
  • 日本でも梅雨の間など雨露をしのいだりするとき
    以外はお坊さんたちは外で修行していたり旅に
    出ていたそうです。
  • 伽藍(お堂)にはほとんど人はいなかった。
  • 人気のない伽藍は、広々としてとても寂しい場所
    だそうです。
  • お堂を意味する伽藍、これが「がらん」としている
    がらんどうというように使われ始めたと考えられて
    いるそうです。
スポンサードリンク

 

チコちゃんに叱られる!がらんとしているの「がらん」ってなに? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!がらんとしているの「がらん」ってなに?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク