チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜ東京の地下鉄はゴチャゴチャしている?2月15日

チコちゃんアイキャッチ画像3

2月15日放送のチコちゃんに叱られる!で
チコちゃんに叱られる!なぜ東京の地下鉄はゴチャゴチャしている?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!なぜ東京の地下鉄はゴチャゴチャしている?

なぜ東京の地下鉄はゴチャゴチャしている?

答えは、

 

詳しく教えてくださるのは
日本地下鉄協会
佐々木 雅多加 先生(ささき まさたか)

 

  • 土地を買うと地上も地下も買った人の所有物だそうです。
  • 土地の所有権は法令の制限内においてその土地の上下に
    及ぶそうです。(民法第207条)
  • 銀座から虎ノ門へいく場合、直線でなく新橋経由だ
    そうです。
  • 建物の下を突っ切る形で地下鉄を通そうとすると路線上
    にある建物全ての所有者から許可を得るために料金を
    払う必要があるそうです。
  • 建物が密集している東京に置いては非現実的なコスト
    だそうです。
  • そこで国や自治体が所有する道路の下に地下鉄を作った
    そうです。
  • これがほとんどの地下鉄が道路の下に作られている理由
    だそうです。
  • 国や自治体が所有する道路の地下は公益目的なら無償で
    使用可能だそうです。
  • 札幌・仙台・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡
    などの全国にある地下鉄も基本的に道路の下にある
    そうです。
  • 大阪や名古屋の都市圏の路線図は東京ほどゴチャゴチャ
    していないのは?
  • 大阪や名古屋は道路が碁盤の目のように格子状に整理
    されているからだそうです。
  • 道路が規則正しく並んでいるので、その下を通る地下鉄
    も規則正しいそうです。
  • なぜ東京の道はゴチャゴチャしている?
  • 徳川家康が江戸城を拠点にした際に地方と江戸を結ぶ
    道路を放射線状にしたそうです。
  • さらに城の防衛、ならびに水運の目的で江戸城を囲む
    ように水路を の字にしたそうです。
  • この水路を埋め立てて現在の道路が作られているので
    東京の道路は真っすぐではないそうです。
  • 地下鉄網が整備されるにつれて困った点とは?
  • 新しい路線が増える度に地下鉄の深さがどんどん深く
    なるという問題があるそうです。
  • 東京の地価には13本もの路線がビッシリだそうです。
  • 一番浅いところにあるのは銀座線だそうです。
  • 一番深いところにあるのは都営大江戸線だそうです。
  • その中でも最も深い位置に存在する地下鉄の駅が
    六本木駅だそうです。
  • 六本木駅が現在のところ日本一深い地下鉄の駅だ
    そうです。
  • 226段の階段を下りて潜る深さは地下42.3mだそうです。
  • これはビルの10階分に相当するそうです。
  • 地上からホームまでの所要時間はおよそ5分30秒
    かかるそうです。
  • これ以上に深い地下鉄を掘るのは大変ということで
    既にある地下鉄同士の隙間を縫うようにして通る路線
    もあるそうです。
  • それが都内で一番新しい路線である副都心線
    (2008年開通)だそうです。
  • 特に注目なのが新宿三丁目駅だそうです。
  • 丸の内線と新宿線の間に副都心線を通すときに
    真っすぐ掘ると新宿店と干渉するそうです。
  • そこで、新宿線にぶつからないギリギリで副都心線
    をアーチ状にしたそうです。
  • 路線同士の感覚はわずか11cmだそうです。
  • そのため、新宿三丁目駅のホームはアーチ状に
    なっているそうです。
  • 道路以外の地下も使えるように新しい法律が?
  • このように道路の地下に限って地下鉄を作っていた
    のでは、これ以上の開発は難しいそうです。
  • そのため道路以下の地下も使いやすくするための
    新しい法律が制定されたそうです。
  • それは2001年に施工された 大深度法 だそうです。
  • 公益目的であれば40mより深い地下を無償で使用
    できるという法律だそうです。
  • 現在、この法律を有効活用して2027年開業予定の
    リニア中央新幹線の路線工事が進んでいるそうです。

 

チコちゃんに叱られる!なぜ東京の地下鉄はゴチャゴチャしている? まとめ

今回は、チコちゃんに叱られる!なぜ東京の地下鉄はゴチャゴチャしている?
について情報発信させていただきました。