チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜ眠くなるとあくびが出る? 4月26日

こんにちは!

4月26日放送のチコちゃんに叱られる!で
なぜ眠くなるとあくびが出る?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!なぜ眠くなるとあくびが出る?

なぜ眠くなるとあくびが出る?

答えは、脳の温度を下げるため

 

教えてくださるのは
あくびの研究をしている
首都大学東京 人間健康科学研究所 教授
北 一郎 先生(きた いちろう)

  • あくびが出るのは「脳が酸欠だから」と思っている人が
    多いそうです。
  • しかし、日常で酸欠になることはほとんどないそうです。
  • 眠くなったときにあくびが出るのは脳の温度を下げ
    適温に保つためだそうです。
  • 脳が酸欠になるケースは
  • 脳出血・脳梗塞を発症したとき、高山病になったとき
    などだそうです。
  • 締め切った部屋に長時間いると「酸素が足りない」と
    思ったりするが、部屋の隙間から常に空気が流れ込んで
    いるため能が酸欠状態になることはないそうです。
  • あくびで脳の温度を下げるとは?
  • 脳の温度は通常36℃~37℃にたもたれているそうです。
  • 脳が疲れているとき、満福になったときに脳は休憩
    モードになるそうです。
  • 脳が休憩モードになると血流量が減少して脳の温度
    が低下するそうです。
  • このとき感じるのが「眠気」だそうです。
  • 人間は脳の温度が下がることで眠くなるそうです。
  • 眠ってはいけないときに「眠気」が襲ってくることが
    あるが脳は働きを活発にするため脳への血流量を
    増やすそうです。
  • 人間の脳は温度が39℃まで上昇すると、脳の機能が
    低下して脳細胞が破壊されることもあるそうです。
  • 脳が働きを活発にし脳に血流量が増えて脳の温度が
    上昇して体が危険を感じるとあくびをするそうです。
  • 脳の温度が下がる仕組み➀
  • あくびをしたとき吸い込んだ空気がのど付近の血管や
    血液を冷やすそうです。
  • 脳の温度が下がる仕組み②
  • あくびをしたとき口を大きく開くとのどの筋肉が
    血管に圧力をかけて冷えた血液をポンプのように
    脳に押し上げるそうです。
  • 脳の温度が下がる仕組み③
  • 冷えた血液が脳に送られ温まった血液が脳から排出
    されることで脳の温度を下げるそうです。
  • 眠くなったときに出るあくびは眠らないように
    一生懸命頑張った結果上昇した脳の温度を
    下げようとして出ていたそうです。
更新情報1

8月12日(月曜日)~ 

チャンネルはNHK G

チコっとだけスペシャル

で4月26日「なぜ眠くなるとあくびが出る?」が放送されます。

あっという間の10分間。

ご家族でこの機会にぜひご覧になってはいかがでしょうか。

更新情報2

9月1日(日曜日)~ 

チャンネルはNHK G

チコっとだけスペシャル

で4月26日「なぜ眠くなるとあくびが出る?」が放送されます。

あっという間の10分間。

ご家族でこの機会にぜひご覧になってはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!なぜ眠くなるとあくびが出る? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!なぜ眠くなるとあくびが出る?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク