チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜ飛行機は白い? 6月14日

6月14日放送のチコちゃんに叱られる!で
なぜ飛行機は白い?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

チコちゃんに叱られる!なぜ飛行機は白い?

なぜ飛行機は白い?

答えは、お得だから

詳しく教えてくださるのは
なぜ東京タワーは赤と白?に続き2度目の登場
世界の空の法律を研究する 日本大学 危機管理学部 教授
工藤 聡一 先生(くどう そういち)

  • 世界の飛行機の約9割が白色だそうです。
  • 成田空港に乗り入れている99の航空会社を見ても86社が白い飛行機。
  • そもそも、なぜ飛行機をペイントする必要があるのでしょうか?
  • ジェット機が登場したことが大きかったと考えられるそうです。
  • ジェット機が登場する以前、迷彩が必要な軍用機以外は金属むき出しの物が多かったそうです。
  • ジェット機は高度1万m以上まで上がるので強い日差しを受けたりチリがぶつかったりと機体が傷んで金属疲労を起こしやすい問題が明らかになって、機体保護のためペイントをするようになったそうです。
  • 機体の保護のために始まったペイントですがなぜ白なのでしょうか?
  • コストの問題が大きかったそうです。
  • 一番多く出回る色が、一番たくさん作られるのでコストが安くなるからだそうです。
  • 1ガロン(約3.8L)あたりの塗料の値段は白:約2万円、色付き:約23,000円
  • このように白が割安でお得!
  • 航空機のペイントをするとき通常、発色をよくするためにまず白を塗ってから別の色を重ね塗りするそうです。
  • 大型機1機に使う塗料は約570Lにもなるそうです。
  • 白い塗料:約300万円だけでは約300万円
  • 白い塗料:約300万円に赤い塗料:約345万円を重ね塗りすると約645万円
  • それで半額以下で済むほうが圧倒的にお得なため白に塗装するそうです。
  • さらに、機体の重さにも大きな変化がですそうです。
  • ボーイング747-400の場合
  • 白い塗料:250Kg
  • 赤い塗料:250Kg
  • 例えば機体が250Kg重くなると...
  • 東京からロンドン(約1万Km)まで飛んだとすると
  • 燃料費が約5万5,000円余分にかかるため燃費の面でも白がお得!
  • さらに、250Kgは大人3人分くらいの塗料を余計に乗せるということになるそうです。
  • もし仮に大人3人乗せられたら...
  • いつも人気で満席の東京、ロンドン間 仮に片道10万円だとすると三人で30万円が航空会社にとってお得!
  • 1日に3便だと...航空会社にとって90万円お得。
  • 1年だと実に3億2,850万円航空会社にとって90万円お得。
  • また飛行機は駐機中に日光を浴びつづけるので空調代にも差がでるそうです。
  • 白は太陽光を反射するため、機内の温度が上がりにくく余分な冷房のコストもかからずお得だそうです。
  • 白はサビやオイル漏れなど機体の異常に気付きやすく整備の面でもお得。
  • そんな理由から、お得な白いペイントが航空業界のスタンダードになったそうです。
  • 中には真っ黒な機体の航空会社がいますがどんなメリットがあるのでしょうか?
  • 黒い機体の航空会社に尋ねてみると?
  • 新規参入ということで他社との差別化を図るためにインパクトを重視して黒い機体カッコイイ機体を採用しているそうです。
  • ところが、白っぽい汚れはどうしても目立ってしまうそうです。
  • 飛行から帰ってきた機体の黒い部分には雨の汚れが黒は白っぽい汚れが目立ってしまうのでこれをピカピカにするのは大変だそうです。
  • 整備士泣かせの黒い塗装だそうです。
  • ただ、そこは現場の力でカバーしていくそうです。
  • お客様の声とかを見ていると、カッコイイ、ラグジュアリーでいいね、というような意見をいただけるそうです。
  • また、デザイン性の面で賞をもらったこともあるそうです。
  • そのため、これからも業界の非常識を貫いていきたいそうです。
  • 工藤先生いわく
  • 黒い機体でも技術面 安全面 全く問題ないそうです。
  • 色を重ねて塗ることですが、数年前から重ね塗りが必要ない塗料も開発されて白以外の飛行機も近年は増加傾向にあるそうです。
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!なぜ飛行機は白い? まとめ

今回は、チコちゃんに叱られる!なぜ飛行機は白い?
について情報発信させていただきました。

スポンサードリンク