チコちゃん

チコちゃんに叱られる!大先生アワー だって好きなんだもん?1月15日

チコちゃんアイキャッチ画像3

1月15日放送のチコちゃんに叱られる!で
目指せ大型連休!働き方改革のコーナー
大先生アワー だって好きなんだもん

チコちゃんに叱られる!大先生アワー だって好きなんだもん

大先生アワー だって好きなんだもん

番組にご主演いただいた すごい先生のみなさんだからこそ知っている とっておきのすごいものを紹介していただきます。

今回の大先生は
日本の風習やしきたりを民俗学の視点から研究している
国立歴史民俗博物館 名誉教授
新谷 尚紀 先生(しんたに たかのり
新谷尚紀

新谷先生が選んだ日本のパワースポット ベスト3

第3位 子宝祈願の石が見つかる!? 久留和海岸(くるわかいがん)
  • 場所は 神奈川県・三浦半島の西側。
  • 昔から 海岸や水辺には神様や霊的な力が宿りやすいとされているんですが…
  • 三浦半島の久留和海岸には 子産石(こうみいし)ですね。
  • 振れただけで子宝に恵まれるという そういう石が稀に見つかるんです。
  • 女性が この子産石を触った手で自分のお腹を触ると子宝に恵まれると言われています。
  • この真ん丸の子産石は 波に洗われることで 大きな岩から誕生すると考えられており…
  • その様子を 赤ちゃんの誕生に見立てて子産石と呼ばれるようになったと言われています。
  • 子産石は日本各地の海岸で見られますが…
  • 久留和海岸は子産石の言い伝えを象徴する場所と考えられているそうです。
  • 新谷先生は研究のために持ち帰ったそうです。
  • そのあとで 後輩の若い新婚さんたちが この子産石を触って子供を授かった そういう人がたくさんいるんですよ。
  • 信じるか信じないかは あなた次第!
  • 久留和海岸は 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から 現在 海岸への立ち入りはお控えいただいています。
  • お出かけになるなら新型コロナウイルスが終息してからお願いします。
第2位 死者の魂が戻る!? 一条戻橋(いちじょうもどりばし)
  • 場所は京都市・上京区 一条通り
  • 民俗学的に見ても川や橋は生と死の境界の象徴として古くから捉えられていました。
  • この橋は もともと 土御門橋(つちみかどばし)という名前でした。
  • 平安時代 ある高名な学者が亡くなり その棺がちょうど この橋に差し掛かったとき 別れを告げられなかった息子が駆け付け「どうか息を吹き返してほしい」と願いました。
  • すると…
  • 亡くなった父が息を吹き返したというのです。
  • この死者の魂が戻ったという逸話から一条戻橋と呼ばれるようになったそうです。
  • 異なる世界 そういうところに通じる異界 魔界の穴なんですね。
  • そのため先生によると この橋は万能の御利益があると信じられてきたそうです。
第1位 ビジネスマンの守り神!? 将門塚(まさかどづか)
  • 東京・千代田区 大手町。
  • オフィス街の高層ビルの間にポツンとあるのが将門塚。
  • 通称 平将門の首塚です。
  • 私たち民俗学者の間でも パワースポットといえば…
  • まずは ここという場所です。
  • 最強のパワースポットと思われてきたんじゃないかという場所なんです。
  • 将門は平安時代 朝廷に対し反乱を起こした罪で さらし首に。
  • その首が 胴体を探して関東に飛び この地に落ちたという伝説があるそうです。
  • 御霊信仰(ごりょうしんこう)という考え方があるんですが…
  • 不遇の死を遂げた人が その怨念や無念から怨霊となり祟りを起こす。
  • それを恐れて怒りを鎮めて御霊(ごりょう)として祀る。
  • それによって 平穏を実現しようというものなんです。
  • ただし 平将門の霊力は御霊信仰をはるかにしのぐ程度に非常に強いんです。
  • その力の影響か 将門塚を取り壊そうとした際に関係者にケガ人が出るなど…
  • 安易に近づけないパワーを持つと先生はいいます。
  • 平将門の霊力というのは いろんな御利益のパワーを令和の現在も発信し続けているんです。
  • 良くも悪くも強いパワーを持つという この場所。
  • 仕事や勝負事の成功を願い 多くの人が訪れるといいます。
  • 現在は工事中のため遥拝所(ようはいじょ)もしくは神田明神にてお参りください。
  • 重ね重ね申し上げますが 信じるか信じないかは あなた次第です!
  • 以上 新谷先生による日本のパワースポット ベスト3でした。

チコちゃんに叱られる!大先生アワー だって好きなんだもん まとめ

今回は チコちゃんに叱られる!大先生アワー だって好きなんだもん
について情報発信させていただきました。