チコちゃん

チコちゃんに叱られる!フライとカツはなにが違う?10月18日

こんにちは!

10月18日放送のチコちゃんに叱られる!で
フライとカツはなにが違う?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!フライとカツはなにが違う?

フライとカツはなにが違う?

答えは、フライは揚げたもの カツはもともと焼いたもの

 

詳しく教えてくださるのは
4度目登場!
服部栄養専門学校
料理研究家
服部 幸應 先生(はっとり ゆきお)

 

  • フライは英語のdeep fryという言葉からきている
    そうです。
  • deep fryとは 油をたっぷり使って揚げるという意味
    だそうです。
  • 油で揚げた料理のことをさすそうです。
  • フライは食材を高温の油で揚げた料理のことだそうです。
  • 油で揚げることで食材表面の水分が瞬時に蒸発すると
    同時に表面が熱で硬くなり殻のような役目をすることで
    表面はサクッと、中はジューシーになそうです。
  • フライに対してカツとは焼いたものだそうです。
  • カツは牛肉を油で焼いたフランス料理でコートレット
    というそうです。
  • 日本語に読んだらコートレット言いにくく
    カツレツになったそうです。
  • 牛肉を油で焼いた料理コートレットというと
    あまり聞き覚えがありませんよね。
  • みなさんご存じだとイタリア料理店のメニュー
    ミラノ風カツレツはコートレットのスタイルで
    調理されたレシピの一つだそうです。
  • ではコートレット、日本語風に言うとカツレツは
    どのように作られているのでしょうか?

ここから詳しく教えてくださるのは
1895(明治28)年創業
銀座 老舗洋食店 煉瓦亭
木田 浩一朗 先生(きだ こういちろう)

  • 創業当時のカツレツの作り方を教えていただきました。
  • ①たたいて薄く伸ばした仔牛肉に小麦粉・卵・パン粉
    を付けます。
  • ②フライパンに油・バターを投入 バターが溶けたら
    仔牛肉を焼いていきます。
  • ③両面を焼くこと3分…
  • ④パン粉に油がしっかりと浸み込んだら
  • ⑤仔牛のカツレツの完成です。
  • 実際に見てみてみると…
  • 担当D「仔牛のパン粉焼きみたいな?」
  • 木田先生「油がしっかりパン粉に入ってしまうので
    ちょっとパン粉が潰れたような感じになりますね。」
  • 担当D「今は人気メニューとして出されている?」
  • 木田先生「こちらは現在ない料理ですね。」
  • 創業当時は提供されていたのですが牛肉の濃い味と
    ころもに浸み込んだらバターのこってり感が
    当時の人々の口に合わずあっという間に
    メニューから消えてしまったそうです。
  • しかし、初代オーナーの木田元次郎さんが
    ”ある工夫”をしたことで…
  • 今では日本の定番メニューともいえる料理が誕生
    したそうです。
  • 「豚をじゃ使ってみようかということになりまして
    豚肉ですので特にさっぱりしたかと思います」
  • ①牛肉より味がたんぱくな豚肉を油だけで
    カラッと揚げる。
  • ②バターを使うよりサッパリした料理となり
    新メニューポークカツレツは一躍大人気になった
    そうです。
  • この豚肉を揚げた料理はいろいろなお店でも
    出されたそうです。
  • いつしか豚カツと名前を変え、定番メニューとして
    日本人から愛されるようになったそうです。
  • ということは…
  • フライは揚げたもの、カツも揚げたものになるのでは?
  • ここからは服部先生に聞いてみました。
  • 担当D「フライもカツも両方とも揚げてたんですけど…」
  • 服部先生「うん…」
  • 担当D「どういうことですか?」
  • 服部先生「そういうことですね。
    昔は本当にこう 枝分かれれしていて 揚げもの と 焼きもの
    成り立ちは そこから来たんだと
    みなさん知っていた方がいいですね」

 

スポンサードリンク

 

チコちゃんに叱られる!フライとカツはなにが違う? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!フライとカツはなにが違う?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク