チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜピアノの鍵盤は白と黒? 11月29日

こんにちは!

11月29日放送のチコちゃんに叱られる!で
なぜピアノの鍵盤は白と黒?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

 

チコちゃんに叱られる!なぜピアノの鍵盤は白と黒?

なぜピアノの鍵盤は白と黒?

答えは、お金持ちの見栄のせい

 

詳しく教えてくださるのは
ピアノを弾き始めて60年以上
京都府 公益社団法人 国際音楽交流会 理事長
指宿 修子 先生(いぶすき しゅうこ)

 

  • そもそもピアノの鍵盤は白と黒ですが、一目でどの音がどこにあるか分かるようにするためだそうです。
  • 全部同じ色だと半音高い位置の鍵盤が見えなくなるため、対極の白と黒を使うようになったそうです。
  • 14世紀ごろに生まれたピアノは、もともと白く塗られた薄い板と黒檀で作られていたそうです。
  • しかし、白い板が弾いている間に黄ばんだりして具合が悪いので象牙が入ってくるようになったそうです。
  • バッハやヘンデルが活躍した1700年ごろのバロック時代、象牙で作られた白い鍵盤と黒檀でできた黒い鍵盤のピアノが誕生したそうです。
  • 象牙は高い、重い、そして量産ができないということで問題が起きたそうです。
  • 当時、象牙のピアノは今の価格でいうと1台数千万円したそうです。
  • お金持ちしか手にできない楽器になってしまったそうです。
  • そこで、あるピアノが作製されたそうです。
  • それは、安い黒檀を多く使用するために鍵盤の黒と白が逆のピアノができたそうです。
  • こうして1800年代に入ると今とは逆の黒と白の鍵盤のピアノが主流になったそうです。
  • では、なぜ今のピアノは白と黒が反対になったのでしょうか?
  • ここで上流のお金持ちたちの見栄がさく裂したそうです。
  • 象牙をメインにした鍵盤が白いピアノを知っていたお金持ちたちは…
  • これだと安っぽく見える、やっぱり白い象牙のほうがお金持ちな自分たちには相応しいということで、数千万円をかけて、白い象牙のピアノを、我こそ先に買い求めたそうです。
  • ただ見えやすいだけならいいのですが自分をより一層、お金持ちに見えるように、その見栄がピアノの鍵盤を白と黒にしたそうです。
  • 一方、手が届かない庶民たちのために1900年代には象牙の代わりに白いアクリルなどの樹脂を使った鍵盤が誕生したそうです。
  • その後、1975年ワシントン条約で象牙の国際取引が禁止され、象牙でピアノが作られることはほとんどなくなったそうです。

ここから詳しく教えてくださるのは
テレビ界でもおなじみのこの方
ピアニスト
清塚 信也先生(きよづか しんや)

  • ピアノの一番下の音はラ、一番上の音はド
  • なぜピアノの鍵盤は88鍵?
  • この音域が高いほうも低いほうも人間の耳で心地よく聴き取れる音程として限界だからだそうです。
  • 一番低い音の周波数は27.5ヘルツ、一番高い音の周波数は4186ヘルツだそうです。
  • これ以上でも、これ以下でも心地よく聴き取れないので音楽的に意味がないそうです。

 

スポンサードリンク

 

チコちゃんに叱られる!なぜピアノの鍵盤は白と黒? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!なぜピアノの鍵盤は白と黒?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク