チコちゃん

チコちゃんに叱られる!親指が太いのはなぜ? 10月22日

チコちゃんアイキャッチ画像3

10月22日放送のチコちゃんに叱られる!で
親指が太いのはなぜ?
という質問がありました。

チコちゃんに叱られる!親指が太いのはなぜ?

親指が太いのはなぜ?

答えは、石を握りしめるため

詳しく教えてくださるのは
親指に関する著書も出した親指研究のスペシャリスト
東京・文京区 霊長類生態学者
島 泰三 先生(しま たいぞう)
島泰三

  • 人間の親指が太くなった理由は 石を握りしめるためだそうです
  • 実は動物の中で こんなに親指が太いのは人間以外 ほとんどいないそうです
  • 人間にもっとも近いとされるチンパンジーの親指も人間とは違って細いそうです
  • なぜ人間だけ親指が太いのでしょうか?
  • その昔 人類は食糧危機に陥り おなかがペコペコになってしまったそうです
  • 生き延びるために食べ物を追い求めた結果 親指が こんなに太くなったそうです
  • 人間は親指が太くなったことで 動物の世界を支配することができたそうです
  • そこには人類の進化と深い関わっていました
  • とここで突然「NHコスペシャル シリーズ親指」が始まりました」
  • ナビゲーターは前回に引き続き?NHKスペシャルから一番遠い男・斉藤慎二さん(ジャングルポケット)
  • 第1集 人類の祖先
  • およそ440万年前 人類の祖先は森の中で果実や葉っぱなど様々なものを食べて生活していました
  • しかし地殻変動によって 彼らが住む森は乾燥地帯へと変化
  • 食料が激減し 人類の祖先は おなかがペコペコに
  • そこで370万年前 アウストラロピテクスの時代になると食べ物を求めた人類の祖先たちは森を出て草原に進出しました
  • 草原で新たに食料としたのが 肉食獣が食べ残した動物の骨
  • そして その中にある骨髄だそうです
  • 当時の人類は動物の狩りをする能力が低く逆に肉食獣に襲われる存在だったそうです
  • そんな肉食獣におびえて生活していた人類は 飢えをしのぐ手段として肉食獣が食べ残したシマウマやヌウの骨や骨髄を食べるようになったそうです
  • しかし肉食獣が食べ残した動物の骨は非常に硬く大きいものがほとんど
  • そのまま食べることはできませんでした
  • どうにかして骨を砕きたいと考えた人類は あるモノを使うようになります
  • 人類が進出した草原に無数に存在した「石」
  • 人類の祖先は石を使って動物の骨を小さく砕き 骨や骨髄を食べようと考えたそうです
  • しかし 硬い骨を割るには 石を強く握りしめる必要があったために人間の親指は石で骨を割るのに適した形に進化を遂げ その結果 親指が太くなったそうです
  • 人類が石を手にする前は 親指は細かったのですが 石を持つようになると親指は太く進化しているのが化石化からもわかるそうです
  • では 親指が太いと なぜ石が強く握れるのでしょうか?
  • 人間の手はモノを持つと人差し指から小指にかけて空間が広がっています
  • これは下に向かって大きくなる石を持つのに適しています
  • これを下に向けて叩きつければ 親指と他の指は留め金となり石をしっかり握りしめ力を込めることが可能だそうです
  • 彼ら人類にとってラッキーだったのが 骨髄には脳の発達や機能に関わる脂肪酸が豊富に含まれていたことだそうです
  • 骨を食する以前と以後で比べると脳の大きさがおよそ400ccからおよそ1000ccに増えるなど骨髄を食べたことで脳の成長にもつながったんだそうです
  • その結果 高度な道具を作り出すことに成功した人類は 今から180万年前 草原で狩りをはじめるようになり 遂に動物の世界を支配するようになったのです
  • 食べ物を追い求めた結果 親指が太くなった人類
  • さらに同じように食べ物を求めて指が とんでもない進化を遂げた動物がいるといいます
  • その動物というのが アフリカの東にあるマダガスカル島に生息するアイアイというリスのような風貌をした動物です
  • そのアイアイの手の中指は針金のように非常に細く長いんだそうです
  • これも人間と同じく食に大きく関係しているそうです
  • 野生のアイアイはラミーという果実を主食としているそうです
  • しかし 硬くてそのままでは食べることができないため ラミーに穴を開けて中指を入れすくい取って身を食べる方法を考えました
  • その結果 アイアイの手は 中指が針金のように長い特殊な形となったそうです

チコちゃんに叱られる!親指が太いのはなぜ? まとめ

今回は チコちゃんに叱られる!親指が太いのはなぜ?
について情報発信させていただきました。