チコちゃん

チコちゃんに叱られる!なぜ子どもはシールが好き? 1月31日

こんにちは!

1月31日放送のチコちゃんに叱られる!で
なぜ子どもはシールが好き?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

 

チコちゃんに叱られる!なぜ子どもはシールが好き?

なぜ子どもはシールが好き?

答えは、達成感が得られるから

 

詳しく教えてくださるのは
子育てについて研究する教育学者
鎌倉女子大学 短期大学部 学部長
小泉 裕子 先生(こいずみ ゆうこ)

 

  • そもそも子供がシールに興味を待ち始めるのは1歳を過ぎたころだそうです。
  • ちょうど感覚運動期と呼ばれる時期だそうです。
  • 感覚運動期とは、1歳から2歳ごろ手などの感覚を通してまわりの状況を理解しようとする時期。
  • たとえば、ティッシュを何枚も出して物を取り出す感触を知ります。
  • シールを触り始めるのもこのころ。
  • ベタベタするノリを感覚的におもしろがり興味を持ちます。
  • そして、シールの見た目に興味を持ち始めるのは3歳ころ。
  • 子どもは3歳ころになると自我が芽生え始めるそうです。
  • 自分が好きなものを見つけ始めて表現することに夢中になったりするそうです。
  • 2歳を過ぎシールを認識した子どもは3歳ごろから自分を表現するためにシールをはるそうです。
  • いろいろなガラや形があるシールは、好みを表現しやすいアイテムですが…
  • 好きな理由はそれだけはないそうです。
  • 子どもの指先はまだ不器用で挑戦してもうまくいかないことが多いそうです。
  • クレヨンを手にして絵をかいたり。
  • 積み木を組み立てようとしてもうまくいかないことが多いそうです。
  • でも、シールは、はがしたり、貼ったりすることが簡単にできます。
  • 貼るだけで結果が出せるシールは達成感が得やすく、ついつい夢中になってしまうそうです。
  • でもなぜ子どもはタンスやカベなど同じ場所にシールを貼るのでしょうか?
  • 子どもにとっては貼るという行為自体が成功するかどうかわからない不安なものだそうです。
  • 1か所貼って成功したら見通しがつくので繰り返し同じようなところに貼り付けるという行為になるそうです。
  • 例えば、小泉先生の子どもは顔にシールを貼っていたそうです。
  • でも、子どもはこの時期誰もがそういう時期だそうです。
  • 好奇心旺盛な時期だそうです。
  • 成功体験が養われるシール。
  • 実は子どもの成長に重要な役割を担っていたそうです。
  • 親の中にはいろんな所にシールを貼るのを見ると叱る場合があると思いますが…
  • 逆効果でシールを貼ったりすることが子どもの自尊感情を育てるのにつながるので、むしろ上手に貼れた行為を褒めてあげたほうがいいそうです。
  • そもそも、子どもたちの間でシールが親しまれるようになったキッカケは…
  • 1963年 製菓メーカーがチョコレートの蓋2個と引き換えにプレゼントした「鉄腕アトム」のシール。
  • このシールが大ヒットとなり、各メーカーがお菓子のおまけに、人気のキャラクターシールを採用しました。
  • 街で聞いてみると…
  • 65歳男性は「エイトマン」
  • 58歳女性は「パティ・アンド・ジミー」
  • 55歳男性は「ピンクレディー」
  • 50歳女性、48歳女性は「キキララ」
  • 50歳、46歳、31歳男性は「ビックリマンチョコ」
  • 27歳女性、25歳男性は「ポケモン」
  • いつの時代も子どもの成長を支えてきたシール…
  • あの時のシールまだ残っていますか?
  • 岡村さんは、「おニャン子クラブ」のキスマークのシールだそうです。
スポンサードリンク

 

チコちゃんに叱られる!なぜ子どもはシールが好き? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、チコちゃんに叱られる!なぜ子どもはシールが好き?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク