チコちゃん

チコちゃんに叱られる!柿の種はなぜこの形? 3月13日

チコちゃんアイキャッチ画像3

3月13日放送のチコちゃんに叱られる!で
柿の種はなぜこの形?
という質問がありました。

チコちゃんに叱られる!柿の種はなぜこの形?

柿の種はなぜこの形?

答えは、社長の奥さんのうっかり

詳しく教えてくださるのは
柿の種を生み出した会社の社長
新潟・長岡市 浪花屋製菓株式会社 社長
上村 一重 先生(かみむら かずしげ)

  • そもそも 柿の種は…
  • 浪花屋産業㈱(現:浪花屋製菓㈱)創業者 今井與三郎(いまい よさぶろう)と さき夫人が手作業で…
  • あられ作りをしているときに
  • 奥様が うっかりとしてしまった結果 偶然 あの形になってしまったお菓子です。
  • 柿の種は 商品名のようですが 実は この形をした米菓の総称。
  • どう作られているのかというと…
  • ①まず 餅を半月形にし
  • ②細かく粒上に切り出します。
  • ③それを高熱で焼き上げると…
  • 細長い三日月のような この独特の形になります。
  • 浪花屋産業㈱の創業者である今井與三郎の奥さん さき夫人のうっかりが原因で…
  • 柿の種が この形になったとは いったい?
  • 新潟県長岡市で細々とせんべいを作っていた今井夫妻は…
  • 新商品として小判型のあられも販売。
  • しかし 新しく もち米で作った小判型の あられ は せんべいに比べて…
  • 小粒なのに高いということで 最初は ぜんぜんうれなかったそうです。
  • それでも今井夫妻は諦めず作り続けました。
  • そんなある日…
  • 奥様の さき さんが うっかり踏んでしまったことから…
  • 抜き型が小判型から半月型になってしまったんです。
  • 1つしかない抜き型を踏んでしまった さき夫人を與三郎は責めることなく…
  • なんと半月型になってしまった筒で そのまま型をとり あられ を作ることにしたのです。
  • さらに 味付けも ひと工夫…
  • それまで あられには使われていなかったスパイスを混ぜ ピリッと辛い味付けに。
  • 奥さんの失敗をカバーするために工夫を凝らした不思議な形の あられ。
  • これが ハイカラなものが好きな大正時代の人々に喜ばれ…
  • しかし あられ として売られていた このお菓子に名前はついていませんでした。
  • 一般的な柿の種は小判型ですが 当時 新潟県にあった大河津柿 もしくは 筆書きという品種の柿の種は三日月型。
  • 與三郎の作った あられは新潟名産の柿の種に形がよく似ていたのです。
  • この柿の種は 名前のインパクトも手伝って 売り上げを好調に伸ばしていきました。

チコちゃんに叱られる!柿の種はなぜこの形? まとめ

今回は チコちゃんに叱られる!柿の種はなぜこの形?
について情報発信させていただきました。