チコちゃん

チコちゃんに叱られる!バスケのゴールにバックボードがついているのはなぜ?3月6日

3月6日放送のチコちゃんに叱られる!で
バスケのゴールにバックボードがついているのはなぜ?
という質問がありました。

なるほどという答えが気になったので調べてみました。

チコちゃんに叱られる!バスケのゴールにバックボードがついているのはなぜ?

バスケのゴールにバックボードがついているのはなぜ?

答えは、観客が邪魔するのを防ぐため

詳しく教えてくださるのは
お名前をうかがってビックリ!
茨城・龍ヶ崎市 日本バスケットボール学会 理事
水谷 豊 先生(みずたに ゆたか)

  • バスケットボールが誕生したのは1891(明治24)年のことで…
  • 当時は今のようなバックボードはなかったんです。
  • 当時のバスケットボールのゴールを見てみると…
  • 確かにボードはなく ゴールには木の樽のようなものがついています。
  • バスケットボールを考案したのはアメリカのスプリングフィールド大学の体育教師ジェイムズ・ネイスミス。
  • ジェイムズ・ネイスミスはバスケットボールの父と呼ばれているそうです。
  • 冬に体育館でおこなう球技を考えていた際…
  • たまたま体育倉庫にあったサッカーボールと桃のカゴを使うことに…
  • カゴは体育館の二階部分の手すりに取りつけられました。
  • この10フィート(3.05m)という高さが現在もバスケットゴールの高さとして残っています。
  • 競技名はピーチバスケットとボールを使ったのでバスケットボールとなずけられました。
  • 当初は手すりにカゴを付けただけ…
  • では バックボードはばぜ付いたのでしょうか?
  • 観客の妨害をなくすために。
  • お客がゴールの後ろにいて シュートしたボールを足でけったり邪魔をするというので板をつけようと…
  • バスケットボールが誕生した当初はゴールの後ろに観客がズラリ。
  • まだボードがないころ 興奮しながら応援する観客がゴール裏に陣取って敵チームのシュートを妨害するという事態に。
  • この邪魔を防ぐためにバックボードが取り付けられたのです。
  • ということで当時の試合を再現。
  • 体育館に当時のようにピーチバスケットを2階の手すりに取りつけ ゴールの後ろに観客をスタンバイし…
  • プロの審判とプロの八王子ビートレインのみなさんに試合をしていただきました。
  • いざ 試合開始!
  • まずは ドリブル!
  • ドリブルをしたと同時に審判のファールの笛が鳴りました。
  • 審判「今のはイリーガル!」
  • 実は当時のルールではドリブルは禁止。
  • ボールを運ぶために許されていたのはパスのみ。
  • パスだけでつなぎシュート!
  • バスケットに一度入ったボールが底板に当たった反動でゴールの外に。
  • 審判「今のはニーゴール」
  • そう 一度カゴに入っても しっかりとカゴにボールが残らなければノーゴール
  • そして いよいよ歓喜の瞬間!
  • 今度はしっかりカゴにボールが収まって 見事ゴール。
  • すると…
  • 脚立を抱えた人がやってきてカゴからボールを取り出しました。
  • そう 一回入ったら そのたびにごとにハシゴや脚立などを持ってきて…
  • ボール取り出し係がボールをゴールから出して ゲームを再開するという。
  • そして今ともっとも違ったのが…
  • 観客の妨害!
  • 観客が応援しているチームが有利になるように妨害。
  • 選手にも不満が溜まっていきます。
  • この観客の妨害を防ぐためにボードが取り付けられたというわけです。
  • そして このバックボードが思わぬ副産物を生み出します。
  • それが…
  • バックボードを使ったスーパーシュート!
  • 観客の妨害を防ぐためにつけられたバックボードが結果として 観客が熱狂する技を生み バスケットボールを更なる人気スポーツへと押し上げたのです。
スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる!バスケのゴールにバックボードがついているのはなぜ? まとめ

今回は、チコちゃんに叱られる!バスケのゴールにバックボードがついているのはなぜ?
について情報発信させていただきました。

スポンサードリンク