ハウツー

10円玉効果で梅雨の時期や夏場にボウフラを発生させない方法!

こんにちは!

そろそろ、日本は梅雨の時期ですね。

そんな梅雨の時期には、植木鉢の下に敷いてある受け皿に水が溜まるとボウフラが発生して蚊が増えますね。

今回は10円玉効果で梅雨の時期や夏場にボウフラを発生させない方法!の検証をしてみました。

あなたのお役にたてれば幸いですので、最後までご覧ください。

 

10円玉効果で梅雨の時期や夏場にボウフラを発生させない方法!

この時期は、水たまりにボウフラが発生し、人を悩ます蚊が増えますね!

でも、ボウフラを発生させなければ、もちろん蚊も発生しません。

そこで、どうしたらボウフラを発生させないようにできるか調べてみました。

ボウフラは親である蚊が水たまりに卵を産んで、卵がふ化して蚊の幼虫であるボウフラが発生します。

ボウフラは水を浄化する一面も持っていて、水中の有機物を分解してバクテリアを食べて生きています。

バクテリアが増えすぎると水中の酸素が減って、他の生き物は死んでしまう可能性があるのですが、ボウフラはバクテリアを食べ、呼吸は空気中でするため水を浄化して生き物がすめるようにする役割も持っています。

しかし、親である蚊になると生物に病気を感染させたりするので困ります。

ボウフラを死滅させる方法

ボウフラを死滅させる方法はいくつかあります。

漂白剤を水たまりに入れる

漂白剤を水たまりに入れて駆除できますが、即効性はなく1日くらいで死滅します。

油を水たまりに入れる

これはどんな油(食用、機械用)でも効果があります。ボウフラは空気呼吸をするので、水の上に油の膜を張ることで呼吸ができなくなり死滅します。

10円玉を水たまりに入れる

水たまりに10円玉を入れると、10円玉は銅でできているので銅イオンの作用でボウフラが羽化できずに死滅します。同じく銅板や動線でも同じ効果がありますが、コーティングされている銅線や銅板では効果がないので気をつけてください。

漂白剤、油、10円玉と比較しましたが、どれも効果はあります。

今回は実際に自分で試したものをお伝えしています。

ただし、植木鉢の下の受け皿に漂白剤を使うと植物に影響が出る可能性があること、同じように油をつかうと油によっては受け皿のプラスチックが割れてしまう可能性があるので10円玉もしくは裸の動線、銅板を10円玉の代わりにいれるのをおすすめします。

動線や銅板はホームセンターなどで簡単に入手できますし、さほど高くもないのでおすすめです。

スポンサードリンク

 

10円玉効果で梅雨の時期や夏場にボウフラを発生させない方法! まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、10円玉効果で梅雨の時期や夏場にボウフラを発生させない方法!について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

私は家の周りの側溝には薬を散布しますが、植木鉢の受け皿にはホームセンターで購入した銅線で輪っかを作って入れてあります。

ボウフラとは関係ありませんが、銅イオンのおかげで受け皿に溜まっている水はいつも綺麗に保たれているようです。

気になる方は、試されてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク