雑学

新元号の発表は!どうやって見ることができるの?いつ発表されるの?

もうすぐ元号が変わって新しい日本の時代が訪れますね。

「平成」が発表されたときもそうでしたが世紀の一瞬に
立ち会い震えるような興奮と、その場にいる幸運を感じます。

「平成」が発表されたときは昭和天皇が崩御したこともあり
日本全体が静まり返ってのいました。

でも、今回はどことなくおめでたいムードの中での新元号発表ですね。

そんな中で新元号の発表方法が気になったので調べてみました。

新元号の発表は!どうやって見ることができるの?

新元号が発表されるけど 私たち日本国民は
どうやって見ることができるのか調べてみました。

 

発表方法はいろいろあるようです。

 

テレビ、ラジオに関しては一部の放送局を除いて
各局が特番を組くんでいるそうです。

 

しかし、平日でその時間帯テレビを見ることができない人のために
政府もネット社会の現代にあわせて会見の様子を

首相官邸公式TwitterFacebookYouTubeチャンネル

他にも内閣政府広報オンラインで中継するそうです。

 

Instagramでは別アングルでライブ配信をおこなうそうです。

 

予行演習のために3月29日に24時間で投稿が消える
Instagramのストーリーズで予告画像を公開したそうです。

 

今から、各SNSに登録しておけば安心できますね。

 

各SNSのリンクを貼りつけておきますので参考にしてください。

 

新元号の発表を内閣政府広報オンラインで見る方法

是非、こちらのブックマークもお忘れなく

内閣政府広報オンライン 新元号発表中継ライブ配信

政府広報オンラインより

  • 日時:4月1日(月)11:30頃(予定)※ぜひ、このページをブックマークしてください。
  • アクセスの集中などにより視聴しづらい場合があります。
  • また、スマートフォン・タブレットでご覧の方は、ブラウザによっては視聴できない場合があります。
  • あらかじめご了承ください。
視聴できないときの対処方法です。
  1. 再生ボタン(▲マーク)が表示されている場合、再生ボタンをクリックしてください。
  2. いったん、ブラウザを終了し、ブラウザを再起動してください。
  3. 別ウインドウで開きます推奨環境>を確認してください
  4. ブラウザにセキュリティ警告のメッセージが表示された場合は、閲覧を続行してください。
  5. ブラウザのキャッシュを削除してください。

 

新元号の発表を首相官邸 公式Twitter で見る方法

首相官邸 公式Twitter はこちら

首相官邸 公式Twitter アカウントは:@kantei

新元号発表の生中継をインスタグラムで見る方法は?

首相官邸 Instagram はこちら

首相官邸 Instagram アカウントは:kantei


首相官邸 新元号発表中継インスタライブ配信

 

首相官邸 Facebook はこちら

 

首相官邸 Youtube はこちら

 

外出予定の方も、これで安心ですね。

 

スマホやタブレットで新元号発表ライブを
視聴される方はイヤホンもお忘れなく!

 

新元号の発表は!いつ発表されるの?

ところで気になる新元号の発表ですがいつなのか

2019年4月1日(月曜日)午前11時30分

に発表されるそうです。

 

午前11時30分に 菅義偉 官房長官が記者会見で発表後そうです。

 

午後12時ころには 安倍晋三 内閣総理大臣が記者会見をして
新元号に込めた意義などの説明をひろく国民へ伝えるそうです。

 

その後、新元号について書かれた規定を実施する文書に
天皇陛下が署名・公布されて 皇太子さまが新天皇に
即位される5月1日の午前0時に施行されるそうです。

 

今回の皇位継承前の新元号公表は憲政史上初めてだそうです。

 

新元号は 645年の「大化」から数えて 248番目になるそうです。

 

関連記事はこちら

「平成」の色紙はDAIGOが持っていたの?今はどこにあるの?
新元号『令和』!万葉集から引用とは?歌の内容は?歌ったのはだれ?

 

スポンサードリンク

新元号の発表は!追記


新元号が発表されましたらこちらでも追記してご紹介しますね。

新元号は平成から 令和(れいわ)

ローマ字表記は REIWA

に決定しました。


意味はわかったら随時、追記していきますね。

「令和」の典拠

出典は『万葉集』巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首併せて序

引用文

初春月、気淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香

書き出し文

初春の令月のして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、

蘭は珮後の香を薫らす

(しょしゅんのれいげつにして、きよくかぜやわらぎ、うめはきょうぜんのこをひらき、
らんははいごのこうをかおらす)

万葉集からの引用

梅花(うめのはな)の歌三十二首并せて序

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述※1(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

※1:「述」は原文では「手」遍+「慮」

 

スポンサードリンク

新元号の発表は!どうやって見ることができるの?いつ発表されるの? まとめ

今回は、新元号の発表は!どうやって見ることができるの?いつ発表されるの?
について情報発信させていただきました。

2019年度スタートの4月1日は いつもとは違った
日本の幕開けの年になりそうですね。

スポンサードリンク