この差って何

この差って何!お酒の注ぎ方に差?ビールの注ぎ方の法律があった?

こんにちは!

TBS「この差って何ですか?」でお酒の注ぎ方の差?
ビールの注ぎ方の法律があった?が紹介されていて
気になったので調べてみました。

 

この差って何!お酒の注ぎ方に差?

お酒の種類によってそれぞれ違うのでした。

 

ワインはグラスにちょっとだけしかつがない。

 

ビールはグラスになみなみとつぐ。

 

日本酒は升や小皿を受け皿にしてこぼれるまでつぐ。

 

なぜ?つぎ方には差があるのか?

 

この差って何!ワインの注ぎ方は?


ワインをグラスに”少し”しか注がない理由は?

 

ワインは、香りを楽しむ飲み物だからだそうです。

 

ワインをグラス注いだときに
ワインが注がれていない空いた空間に
たまった香りを楽しむ飲み物。

 

なみなみと注いでしまうとグラスに
香りがたまらずに外に逃げてしまうため
わざとワインの量を少なく注ぐようになったそうです。

 

この差って何!ビールの注ぎ方の法律があった?

ビールをグラスやジョッキになみなみと注ぐ理由は?

 

1698年イギリスで
「なみなみと注がなければいけない!」
という法律が出来たからだそうです。

 

法律ができた経緯は
当時イギリスのバーでは店員がビールを注ぐときに
ビールの泡を増やしてビールの液体量を少なく
ごまかして儲けるということが横行したそうです。

 

そのことが裁判になりビールを販売するときは
メモリのあるグラスを使用することが決まったそうです。

 

グラスのメモリ以上にビールの液体が入っていないと
法律ができたそうです。

メモリつきのグラスは現在もヨーロッパで
使用されているそうです。

 

グラス上部のメモリよりも多くビールの液体を
注がなければならないためビール
なみなみ注がようになったそうです。

 

日本にビールが伝わった江戸時代後期
なみなみと注ぐ習慣も同時に伝わってきたため
現在でもビールはなみなみと注ぐそうです。

 

この差って何!日本酒の注ぎ方は?

日本酒をグラスからこぼすように注ぐなった理由は?

 

お店の心意気をあらわすためだそうです。

 

日本酒は昭和初期にこぼすように注ぐようになったそうです。

 

当時の庶民には日本酒はとても高級品だったそうです。

 

居酒屋で日本酒を注ぐときに
とある店で升や小皿を受け皿にしてこぼさない
ようにしていたそうです。


このことが評判になって他の居酒屋でも
マネがはやったそうです。

 

しかし時が経つと受け皿の
升や小皿にこぼす注ぎかたをする
居酒屋があらわれてこぼす注ぎかた
評判となって他の居酒屋も競いあって
こぼす注ぎかたがはやりました。

 

そのことがキッカケで
日本酒をどれだけこぼすか?
居酒屋の心意気をあらわすバロメーター
になっていったそうです。

 

そこから
いまでも日本酒をこぼして注ぐ
習慣が一般的になったそうです。

スポンサードリンク

この差って何!お酒のつぎ方に差?ビールの注ぎ方の法律があった? まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、この差って何!お酒のつぎ方に差?ビールの注ぎ方の法律があった?
について情報発信させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク