芸能

けやき坂46、日向坂46(ひなたざか46)に改名!

AKBグループの”欅坂46”の2軍?”けやき坂46”が
日向坂46(ひなたざか46)に改名することが
分かったので検証します。

 

けやき坂46、日向坂46(ひなたざか46)に改名!

今回の改名は、電撃改名?

今回の改名は動画アプリの”SHOWROOM”の中で発表されました。

配信したのは、柿崎芽実さん、加藤史帆さん、齊藤京子さん、佐々木久美さん、佐々木美玲さん、小坂菜緒さんで動画の中で発表しました。

配信の序盤で単独シングルデビュー、横浜アリーナでのデビューカウントダウンライブ開催、単独公式サイトの立ち上げと発表した配信終盤で今回の改名を発表しました。

今回の改名のことは、メンバーも知らなかったようです。

キャプテンの佐々木久美さんが、スタッフから渡された紙を読み上げて映像が流れたときに改名が発表されました。

発表のときはメンバー全員が絶叫したようで、齊藤京子さんは何度も飛び跳ねて、小坂菜緒さんに身を預けました。

佐々木久美さんは加藤史帆さんと抱き合って涙を流していました。

 

メンバーそれぞれのコメント

キャプテンの佐々木久美さんは、”『ひらがなけやき』というのにも愛着があったので、寂しい気持ちもあるけど、『ヒ』を使った決めポーズも引き続き使えるように、スタッフさんたちがいろいろ考えてくださったんだと思うと、すごく愛を感じます。”と感謝し、”こんなに幸せなシングルデビューが待っているなんて”と声を詰まらせて、”これまでかっこいい背中を見せてくださった欅坂46さんの背中があるおかげなので、ひらがなけやきという名前がなくなるのは寂しい気持ちもあるんですけど、新しいグループとして走り出していくので、走り出す姿を一緒に見てほしいです。”とあいさつしました。

加藤史帆さんは、”ずっと悩んでたよね。みんなで、しゃべってたんですよ。ずっと『ひらながけやき』のままでいいのかな、っていう。うれしくなって、頭が真っ白になった”と笑い、”漢字欅坂46さんや、これまで応援してくださった皆さん、関係者の皆さんに感謝しています。これからは日向坂46として全力で頑張るので、どうかこれからもよろしくお願いします。”と意気込みました。

齊藤京子さんは、”3年間やってきて、一番の夢だったんです! しかも、『日向坂46』って、ちょうかわいくない?”と叫びながらコメントし、”命かけて頑張ります。”と誓いました。

 

動画配信後の囲み取材では

加藤史帆さんが、動画配信後の囲み取材で、”空高く跳べるように”という意味も込めて決まった、新しいグループの水色の新しいロゴマークを持って登場し、”尊敬する乃木坂46さんの美しさや清楚さ、大好きな欅坂46さんのパフォーマンス力やかっこよさをどちらも持つような、ハイブリッドグループになるのが夢です。”と意気込みました。

改名をしてからのデビューが夢だった、齊藤京子さんは、”ひらがなけやきという名前もすてきだと思うんですけど、絶対欅坂46さんとこんがらがっちゃうと思うんです。メンバーみんなでよく話していました。”と打ち明けました。

 

”けやき坂46”から”日向坂46(ひなたざか46)”になることで独り立ち!

2016年5月に結成した”けやき坂46”は、当初は欅坂46の2軍という存在でした。

しかし、見る者を幸せにする”ハッピーオーラ”を武器にして、人気を獲得しました。

これからは”日向坂46”にちなんで、見る者を幸せにして、さらに心を温かくする”ハッピーホット”がテーマだそうです。

 

スポンサードリンク

けやき坂46、日向坂46(ひなたざか46)に改名! まとめ

今回は、けやき坂46、日向坂46(ひなたざか46)に改名!
について情報公開させていただきました。

スポンサードリンク