雑学

新元号『令和』!万葉集から引用とは?歌の内容は?歌ったのはだれ?

新元号が決まって日本中がお祭りのようにおめでたい気持ちでいっぱいですね。

菅官房長官が会見場で新元号を『令和』(れいわREIWA)と発表されたとき
今までの時代にはない清々しい気持ちになりました。

今回は万葉集から引用したということで気になったので調べてみました。

 

新元号『令和』!万葉集から引用とは?

安倍総理大臣から今回の元号について説明がされましたね。

「本日、元号を改める政令を閣議決定いたしました。

新しい元号は、令和であります。

これは、万葉集にある『初春の令月にして 気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す』との文言から引用したものであります。」

 

日本は4月が年度の始まりですから春の今にとてもふさわしい言葉ですね。

 

 

 

View this post on Instagram

 

#安倍総理 からの#メッセージ ✍️ 本日、元号を改める政令を閣議決定いたしました。 新しい元号は「令和」であります。 これは、万葉集にある「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」との文言から引用したものであります。そして、この「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ、という意味が込められております。 万葉集は、千二百年余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。 悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄を、しっかりと次の時代へと引き継いでいく。厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい、との願いを込め、「令和」に決定いたしました。文化を育み、自然の美しさを愛でることができる平和の日々に、心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ち溢れた新しい時代を、国民の皆様と共に切り拓いていく。新元号の決定にあたり、その決意を新たにしております。 五月一日に皇太子殿下が御即位され、その日以降、この新しい元号が用いられることとなりますが、国民各位の御理解と御協力を賜りますようお願いいたします。政府としても、ほぼ二百年ぶりとなる、歴史的な皇位の継承が恙なく行われ、国民こぞって寿ぐことができるよう、その準備に万全を期してまいります。 元号は、皇室の長い伝統と、国家の安泰と国民の幸福への深い願いとともに、千四百年近くにわたる我が国の歴史を紡いできました。日本人の心情に溶け込み、日本国民の精神的な一体感を支えるものともなっています。この新しい元号も、広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくことを心から願っております。 . #新元号 #令和 #世界に一つだけの花 💐 @shinzoabe

首相官邸さん(@kantei)がシェアした投稿 –

 

新元号『令和』!歌の内容は?

歌の内容が気になったので調べてみました。

梅花(うめのはな)の歌三十二首并せて序

天平二年正月十三日に、師の老の宅に萃まりて、宴会を申く。時に、初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。加之、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾け、夕の岫に霧結び、鳥はうすものに封めらえて林に迷ふ。庭には新蝶舞ひ、空には故雁帰る。ここに天を蓋とし、地を座とし、膝を促け觴を飛ばす。言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開く。淡然と自ら放にし、快然と自ら足る。若し翰苑にあらずは、何を以ちてか情を述べむ。詩に落梅の篇を紀す。古と今とそれ何そ異ならむ。宜しく園の梅を賦して聊かに短詠を成すべし。

ちょっとわかりづらいですね。

 

現代風に訳すと

天平二年正月十三日に大宰府の大伴旅人(おほとものたびと)の邸宅で梅の花を愛でる宴が催されました。とても珍しい梅を愛でながら、宴で梅の華やかな様子や、梅を取り巻く周囲の景色を描写し、一座の人々の和やかな様子を伝えています。そして、集まった人たちで「この庭の梅を歌に詠もうではないか」

という内容になります。

 

当時、梅は大陸からもたらされたもので非常に珍しい植物だったようです。

当時の大宰府は外国との交流の窓口でもあったので、日本には無い植物や新しい文化がいち早く持ち込まれる場所っだようです。

 

私たちからすると昔の旅人たちが、中国の古詩をならって「いにしへと現在と何の違いがあろう」と書かれていることがおもしろいですね。

 

現代でいう桜の下でお花見をしていることにも通ずる歌ですね。

 

この文章を読んでいるだけで情景が浮かび上がって
自分もあたかも、そこにいるような気持になれる歌ですね。

 

新元号『令和』!の意味は?

令和は二つの言葉をあわせているので
令と和の意味を調べてみました。

 

とは、「何事をするにもよい」、「めでたい

とは、「やわらぐ」、「うまく調和する

とても素晴らしい言葉ですね。

 

まさに日本を象徴しているような意味ですね。

 

新元号『令和』!歌ったのはだれ?

『万葉集』巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首併せて序の
作者が気になったので調べてみました。

 

View this post on Instagram

 

俺が風邪をひき、下の子がそれに続き、昨晩は上の子が発熱と鼻詰まり、咳にうなされ、夜中に何度も抱っこしたり、トイレ連れてったり(オシッコがギリ漏れちゃった)自分のしんどいのは何とかなるけど、子どものしんどそうなのはいたたまれなくなる。今朝診察予約で電話した小児科は、取れた診察時間が19:30。親たちは同じ思いなのだろう。 #山上憶良 #しろかねも #万葉集 #急に真面目な投稿 #俺の好きな歌 #俺も寝不足 #烏帽子を取ったらリーゼントだったらナウい #だんだんそう見えてきた #歴史が面白い #ロシア史からのギャップ #ギャップ萌え #縦長のは俺の直筆 #歌碑は太宰府

Atsushi Nishiokaさん(@atoc1221)がシェアした投稿 –

 

調べてみると

「書き手は不明ですがおそらくは

山上憶良(やまのうへのおくら)

の作と言われているそうです。

 

山上憶良プロフィール

  • 奈良時代初期の貴族・歌人
  • 名:山於(やまのえ) 億良とも記録されている
  • 姓:臣
  • 官位:従五位下・筑前守
  • 春日氏一族の皇別氏族、山上氏(山上臣)の出身
  • 山上の名称は大和国添上郡山辺郷の地名に由来

諸説ありますが

天智・天武両天皇の侍医を務めた百済人憶仁の子供で、百済の滅亡のときに父親と一緒に日本に渡来して、近江国甲賀郡山直郷に住み着いたことから山上氏を称するようになったが、次第に土地の有力氏族である粟田氏に従属し同族化していったとする説もあるそうです。

 

スポンサードリンク

新元号『令和』!万葉集とは?

万葉集と聞いて気になったので調べてみました。

古代の和歌集。 20巻。長歌,短歌,旋頭歌など 4536首の歌を収める。編者は不明であるが,大伴家持の手を経ていることは確かであろう。成立の時期は奈良時代末期と考えられるが,平安時代前期に手が加えられている可能性もある。現存最古の和歌集。舒明朝以降,天平宝字3 (759) 年までの歌を収めるが,年代的もしくは段階的に記紀歌謡とほぼ同じと認められる歌もある。額田王(ぬかたのおおきみ) ,柿本人麻呂,高市 (たけちの) 黒人,山部赤人,大伴旅人,山上憶良 (やまのうえのおくら) ,高橋虫麻呂,大伴坂上郎女 (さかのうえのいらつめ) ,大伴家持らが代表的歌人であるが,これらの皇族,貴族,官僚歌人のほか農民などの歌もあり,地域的にも,大和を中心とするが地方の歌も多く,奈良時代およびそれ以前の歌の総結集であり,日本最大の古典として現代にいたるまで広く愛読されている。

学生のときに習ったのに、今回のことで改めて理解しました。

 

スポンサードリンク

新元号『令和』!万葉集から引用とは?歌の内容は?歌ったのはだれ? まとめ

今回は、新元号『令和』!万葉集から引用とは?歌の内容は?歌ったのはだれ?
について情報発信させていただきました。

令和は、今までになく女性のような柔らかい元号ですね。

響きもいいので、これからの日本の発展が見える気がしますね。

スポンサードリンク