ニュース

コンビニの24時間営業は必要なの?

今回は大手コンビニチェーンの店舗オーナーが自己都合でコンビニの
24時間営業を短縮したことが、ニュースになりましたね。

便利なコンビニですが、実際にコンビニの24時間営業は必要なのか
気になったので調べてみました。

 

コンビニの24時間営業はあたりまえ?

今では24時間営業が当たり前のコンビニですが、コンビニが生まれたアメリカでは最初、24時間営業ではなかったようですね。

 

名前からもわかるように朝7時から夜11時の営業だったようですね。

 

コンビニはいつ日本にはいってきて、いつから24時間営業になったの?

コンビニが、日本に入ってきたのは、アメリカにあったセブンイレブンの経営が破綻し、日本のイトーヨーカ堂が買収して1974年・東京に1号店ができたときのようです。

 

最初は、店名通りに朝7時から夜11時までの営業でした。

 

日本で最初に24時間営業を始めたのは1975年に福島県の店舗のようです。

 

最初試験的に24時間営業にしたら、昼間の売上げもあがったことから24時間営業が本格的にスタートしたようです。

 

当時は、今よりも人材不足やコンビニの乱立がないので順調にいってたそうです。

 

スポンサードリンク

コンビニの24時間営業は必要なの?

コンビニには3種類の営業店舗があるようです。

  • 本部直営
  • フランチャイズ(雇われ店長)
  • フランチャイズ(個人オーナー)

本部直営は、コンビニ本部の直営店舗で社員が店長をしている店舗でアルバイトも募集しやすい店舗。

 

フランチャイズ(雇われ店長)は、コンビニ本部が店舗を作って、店長を一般から募集し、店長は歩合でなくコンビニ本部から給料をもらう店舗。

 

フランチャイズ(個人オーナー)は、酒屋などのオーナーが、フランチャイズ契約をして店長をするため、売上が多ければ自分の収入も増える店舗。

 

本部直営とフランチャイズ(雇われ店長)は、本部が管理しているため、店長には比較的リスクが無いのですが、社員だけに24時間営業でシフトがきつい職場環境でも辞めづらいということもあるようですね。

 

フランチャイズ(個人オーナー)は売上がたくさんあがれば、自分の収入も増えまる一方で、今回のような24時間営業でシフトに入らなければならないリスクを抱えることもあるそうです。

 

それは、人材確保ができずに、オーナーが自ら店舗に立って24時間営業のシフトで働かなければならないことですね。

 

知人がコンビニ本部で働いており聞いたことがありますが、個人オーナーを契約するときは店舗拡大のノルマ達成のために、コンビニ本部はあまりリスクについては言わないそうです。

そのため、今までは個人で小さい商いをして利益が欲しいために加入する個人オーナーはリスクの事は理解しないで契約してしまう場合がほとんどらしいですね。

 

うまくいっている時はいいのですが、人材確保が厳しい時代や、人事を担当されていた方がいなくなったときに、アルバイトの人達をうまく指導できずにアルバイトの人達が辞めてしまったようなときは、今回のような状況に陥ることもあるそうです。

 

今回も、諸事情はあるにせよ契約書にサインしている以上、簡単には解決できないことも事実のようですね。

人材確保ができても労働がキツイ、シフトが多いという側面があることで直ぐにやめてしまう人たちも後を絶たないようですね。

外から見ると、便利で働きやすいように見えますが、裏では人材確保が大変で疲弊しているフランチャイズ(個人オーナー)がたくさんみえるようですね。

 

震災や洪水といった自然災害が発生した時は、コンビニのフランチャイズは至れり尽くせりで、すべてコンビニ本部が商品の補填をしてくれて、フランチャイズ(個人オーナー)の出費は無いのですが、リベートがかなり高いのでコンビニが儲かる=本部が肥える構図になっているそうです。

 

スポンサードリンク

コンビニの24時間営業は必要なの? まとめ

今回は、コンビニの24時間営業は必要なの?
について情報発信させていただきました。

コンビニ業界は、お客が便利になればなるほど裏では
フランチャイズ(個人オーナー)の表面にあらわれてこない苦労が
蔓延しているようですね。

実際に、コンビニの24時間営業が必要かアンケートを取った記事があったので
アンケート結果もご覧ください。

必要な人:25%、どちらでもいい人:60%、いらない人:15%という結果でした。

結果をみると必要な人は全体の1/4でしたね。

最近は、コンビニ業界も過当競争が激しく24時間営業にしても、費用対効果で考えると必ずしも儲かるということはないようですね。

多店舗経営やオーナーは管理だけで、シフトも人事もすべてアルバイト達に一任するなどしていけば確実に利益は出るようですが、今まで個人経営のオーナーが自分の店をコンビニにしても労働に見合った利益確保は厳しいのが現状のようです。

今すぐは無理でも、業界内で話し合って24時間店舗をシフト制で地域ごとにわけて、営業をしていくなどの対策をしていかないと、コンビニ無くなる日が来るかもしれませんね。

スポンサードリンク